DCとSE RacingのOld School BMXの復刻版 とスポンサーとの関係

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前も紹介したがDC ShoesとSE Racingがコラボして

Old School BMXの雄 PK Ripperを150台のみ復刻版を作り販売する!

日本には150台のうちの10台が輸入されるみたいだ

これこれ
PK_Ripper_V2_031.jpg

そんなPK Ripperの復刻に併せてプレスキットが1500組作られた

一つもらっちゃった~

これです
dcpkripper.jpg
PK RipperのT-shirts, Joe Kid On a Stingrayの特別版DVD, Paperがついている

今後PK Ripperが日本に入ってきてOld School BMXがちょっとでも注目されたらいいな

自転車のヘッドの部分はこんな
PK_Ripper_seal.jpg

DC Shoesはこれを記念して、こんな靴作っちゃいます
これも限定生産だろうね
PK_Ripper_shoe.jpg


 私事で恐縮なんだが、ありがたいことにDC Shoesが僕をサポートしてくれることになった

35歳のOld BMXライダーなのにサポートしていただけるとは、これまた嬉しい

ちょっとここでアスリートとスポンサーの関係をまとめてみた 

■通常のスポンサーとの関係
アスリート: 
 1-1.スポンサーさんの商品・サービスを利用し、広告塔となる
 1-2.大会、雑誌に出るときは、その商品・サービスをアピールする


スポンサー
 2-1.アスリートが自分の商品・サービスを露出できるようにアスリートをサポートする

ここ5年での日本のBMX業界の動きにより、アスリートのアピール方法が変わってきたと思う

日本はアメリカのようにTV,雑誌にBMXが大きく取り上げられないため

BMXライダー自身がファン作りを行う必要が出てきたと感じる

身近なメディアとしてはPC,携帯サイトがあるだろう


■僕の望むスポンサーとの関係
アスリートかもしれない僕:
 3-1.スポンサーさんの商品・サービスを利用し、広告塔となる(しかし、広告塔となっているかどうかは別問題)
 3-2.大会、雑誌に出るときは、その商品・サービスをアピールする (でも、大会、雑誌にそんなに出ていないためあまりアピールができるかな?)
 3-3.自分のBLOGにてプロダクトの良さ、特性を伝えることができるが、自分がやりたいと思うことしか行わない
 3-4.スポンサーさんのWebサイトについて協力できる(コンテンツの設計、システム設計など)
 3-5.Webを利用したキャンペーン企画のお手伝いができる


スポンサー:
 4-1.僕と充分なコミュニケーションをしてお互いで何かやっていこうという前向きな姿勢
 4-2.ちょっとしたサポートで充分ありがたいです

僕ができることとして、実際にスポンサーさんとできて嬉しいのが3-4と3-5だ

ZEN,NIXONの2社とはこれができている

DC Shoesもこのような取り組みができそうだから僕はワクワクする!

アスリートとしての活躍はあまりしないと思うが

Web上での企画、Helpでは協力できそうだ