嫌いな人に対しての対処法5ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をしていると、ほとんどの人は回りの人たちと話しをしたりとコミュニケーションを取る必要があるだろう。
どんな仕事でも人と関わる必要があるということだ。
そして、職場、客先などでは、いろんな人がいるため、自分が好きな人も嫌いな人もいる。
自分の好きな人と仕事をするときはいいが、嫌いな人とは仕事もしたくないし、話したくもない、さらに声も聞きたくないと僕は思ってしまうことがあったし、今でもある。こう思うのは僕1人ではないよね?

さらに、嫌なのが嫌いな人が何をしても、自分はその行動を悪い風に見えてしまうのだ。
嫌いな人が普通に話していると、「うるさいな、仕事しろよ!」と心の中で叫んでしまう自分がいたりする。

こんな僕がここ数ヶ月の間、嫌いな人と仲良くやっている
自分の心の中で「うるさいな〜」とあまり思わなくなってきた
自分が嫌いな人に対してどうしたのか、下に5つのステップに分けて書いてみます。



  • ステップ1:理屈で自分の損得を考えてみる

  • ステップ2:相手の嫌いな部分は自分も持っていると思う

  • ステップ3:挨拶をする

  • ステップ4:「達人」と思う

  • ステップ5:「感謝してます」と思っていなくても言う



ステップ1:理屈で自分の損得を考えてみる

働いているときでもプライベートのときでも、嫌いな人のことを多少考えているのと、
自分の好きなこと、楽しいことを考えているのでは、明らかに後者が自分にとっていいに決まっている。
自分の頭の中を嫌いな人のことで満たしてしまうのは、本当に損で、気分が良くないことだ。
それよりも自分の好きなこと、楽しいことで頭の中を満たして上げたほうが気分が良い
そして、自分の頭の中をコントロールできるのは自分自身しかいない。
だから、嫌いな人のことで自分の心が捕われるのは損だというのが分かる。

しかし、人は理屈だけでは動かないため、このロジックを頭で分かっても、心では納得がいかず、嫌いな人のことを考え、自分の気持ちがイライラして、嫌いな人のことを嫌いでい続けてしまう。


ステップ2:相手の嫌いな部分は自分も持っていると思う

「人のふり見て我がふり直せ」、「人こそ人の鏡」などのことわざでも表現しているとおり、
相手は自分の鏡ということを認識し、嫌いな人の、気になる部分は自分も持っているということを自分で受け止めて反省をする。
さらに、「この人は僕に自分の嫌な部分を教えてくれているんだ、ありがたいな〜」と自分に言い聞かしてみる
でも、本当に自分が嫌い人の嫌いな部分を持っているということを、受ける入れるのは結構大変だ。僕の場合は、嫌いな人の度合いによってできたり、できなかったりする


ステップ3:挨拶をする

口もききたくないほどに嫌いな人には、逆にこっちから積極的に声をかけ続けるといいと思い、とりあえず挨拶だけを積極的にするようにしてみる。

孫氏の兵法の中の言葉で"keep your friends close, but your enemies closer"(友を近くに置け、敵はもっと近くに置け)という言葉がある。
これにならって、自分の嫌いな人には、自ら近寄る作戦をとり、自ら積極的に挨拶だけでもするようにする。
これを試してみたら、結構良くて、自分の心の中のわだかまりが少し溶けていく感じが日々する


しかし、世の中には本当にひどい人もいたりして、回りに愚痴ばかり言う人もいて、
僕はそんな人はどうやっても好きになれない。
そんな人に対しては下の方法を取ってみた。


ステップ4:「達人」と思う

口を開いたと思うと後ろ向きなことしか言わない人は僕は相当嫌いだ。
そして、そんな人は自分の生活環境の回りにいないとは言えない。
このような人に対しての対処法としてはステップ1〜3では、僕の中ではどうしても対処しきれない。

そんな中、数ヶ月前にいい方法を教えてもらった。
すごく嫌いな人のことを「達人」と心の中で思うようにする。
自分にすごく嫌われるぐらいの存在になるというのは、もはや達人レベルと思うのだ。
「達人」という言葉にはネガティブな響きが無いため、「あの人は達人だ」と思っているうちにだんだん、自分の心が楽になっていくのを僕は感じた。


ステップ5:「感謝してます」と思っていなくても言う

ステップ4でも、まだ嫌いな人のことが気になっていたら、最終手段として用意している方法は「感謝してます」と本人に言うことだ。
自分の本音でそう思っているかどうかは別として、感謝していますと言ってしますのだ。
これを続けていると、本当に感謝するようになってしまい、それまで自分の心の中にあった嫌いという気持ちが薄れていくのを感じるだろう。
また、感謝してますと言われたほうは気を悪くはしないよね。


最後に

自分が人のことを好きになろうが嫌いになろうが、他の人にとってはそれはどうでもいいことだ。
でも、社会の中で生活、仕事をしていて、どうせなら良い生活、仕事をしたいと僕は思う。
それには気分良くすることが重要な要素の1つだ。
スポーツでも勝負に挑むときは精神状態を良いリラックスした状態にするのが一番いいとされている。
普段の生活でも、いい状態に自分を自分で持っていきたい。
でも、それを嫌いな人に邪魔されるのは、とてももったいない。だから、上の方法で嫌いな人に自分の心を邪魔されないようにするのが大事だと思うんだ。
そんな想いもあり、上のステップを僕は試してみて、自分の心が以前よりも軽くなったことを実感している。
もし、読んでいただいた方で役にたつ方法を提供できたのなら嬉しいな。


この5ステップにもう1ステップ加えた嫌いな人に対しての対処法6ステップ【改】はこちらです