デザイナーとBMXライダーの両立をしている:Harrison Boyceのインタビュー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお仕事インタビューでは年齢が30歳以上の人たちが多いが、今回は20代前半の男性のインタビューだ
カナダのBMXメーカーのMacneil(マクニール)でデザイナーをやっているHarrison Boyce(ハリソン バイス)が仕事感について話してくれる

Harrison Boyce(ハリソン バイス)の紹介

カナダのBMXメーカーのMacneilのデザイナーとライダーとして活躍している
クリエイティビティー溢れるライダーだ
詳しいことはインタビューで彼自身が書いているので読んでみてください

下の映像はハリソンがNIKEのイベントで子供たちにステンシルで遊ぶこと、何か作ることを教えた様子の映像だ
このようにして楽しいこと、仕事になるかもしれないことを子供に伝えていくのは素敵なことだね

Nike MAKE SOMETHING workshop with HARRISON BOYCE from Glenn PP Milligan on Vimeo.

Harrison Boyce(ハリソン バイス)と僕の関係

一応Macneilライダーである僕はハリソンからちょくちょくメールを受け取るし、僕も彼にメールを送る
直接は会ったことないんだけど4、5年はお互いのことを知っている仲なんだ
会ったことはないが、同じMacnielチームということもあり何か一つの仲間意識を僕は勝手に持っている


Harrison Boyce(ハリソン バイス)のインタビュー

質問: 自己紹介をお願い。どのくらい自転車をのってきているのかと、何をやってるかも教えて。 Please introduce yourself and tell us how long you have been ridden and what do you do.

名前はハリソン ボイス。
ワシントンのシアトルで育ったんだけど、カナダのバンクーバーにここ2年は住んでいるよ。
自転車には13年くらい乗ってる、ここ6年以上はデザインのスタッフとして過ごしてるけど・・。

My name is Harrison Boyce, I grew up in Seattle, Washington, but have been living in Vancouver, Canada for the past two years.
I’ve been riding my bike for about 13 years and over the past six years I’ve spend most of my time designing stuff...


質問: ハリソンの学歴について教えてくれる?デザインか何かを勉強してたの?
Could you please tell me about what education you took. Did you study design or something?

うん、グラフィックデザインをシアトルの大学で学んだよ。
学校はそんなに良くもなかったけど、それ以外のものからたくさん得ることが出来たよ、
デザイナーとしての成長に多いに役立ったと心底感じてるよ。

Yeah, I studied Graphic Design at a College in Seattle.
The school wasn’t the best, but I was able to get a lot out of it and I really feel it helped me grow a lot as a designer.


クリックして拡大画像を表示

質問: Macneilの全てのデザインに関することをやっているよね。Defgripのクリエイティブなものにも。MacneilとDefgripでどんなことをやっているかを説明してくれる? I know you do the whole design work for Macneil. Also do a lot of creative work at Defgrip. Could you please explain what do you do at Macneil and Defgrip?


Macneilでは、アートディレクターなんだ。ブランドの全てのデザインとマーケティングを担当している。
デザインし、ウェブサイトを構築・管理してる。全てのバイクのグラフィックを創り、色を選び、パッケージやステッカー、広告をデザインし・・・基本的にMacneilで見られるものは何でも僕がデザインしたものなんだ。
どんな製品を作るか?チームに誰を入れるかなどのブランドにとって大きな決定を下すときもJayとDarcyとかなり密に携わっているんだ。
素晴らしいブランドと関わって全てのデザインを完全にコントロールするなんて本当にすごいことだよ。

For MacNeil, I’m the Art Director, and I’m in charge of everything design and marketing wise for the brand.
I design, build and manage the website. I created all the bike graphics, chose colors, design the packaging, sticker, ads, clothing... Basically anything you see MacNeil, I’ve designed it.
I also work really closely with Jay and Darcy on all the big decisions for the brand, as far as what products we want to make, who we want on our team, etc... It’s pretty rad to be so involved with an awesome brand and have complete control over all the designs.


Defgripは数年前に始めたプロジェクトだよ。デザインとウェブのことは全部やってる。
何人かのいい友達からコンテンツを助けてもらってるんだ。
基本的には楽しむためのプロジェクトだよ。
そう例えば、メインサイトはWordPressを使って全体のバックエンドを構築して、全ての記事をFlashで作ったんだ。
今は、寄稿者全員がブログのようにコンテンツをただアップロードするだけで全て更新可能なバックエンドを、誰かと一緒に構築しようとしている段階にあるんだ。
願わくばすぐにでもやりたいんだけど超忙しくてさ、たくさんのすごくいい記事が僕のインボックスの中に何週間も居座ってるよ、サイトに上げる時間がないままにね。

Defgrip is a project I started a few years back.
I do all the design and web work and get help with the content from a few really good friends.
It’s basically the project I do for fun.
So, for example, I built the whole backend using Wordpress for the main site, then I create all the features using Flash.
I’m in the processes of trying to work with someone to create a whole updateable backend where all the contributors can just upload content like a basic blog.
Hopefully I’m able to work that out soon because I’m super busy, so a lot of really good features sit in my inbox for weeks before I have time to put them on the site.

最近結婚したハリソンと奥さん
harrison03.jpg

質問: MacneilとDefgripでの最近の仕事は? What is your recent work at Macneil and Defgrip?

Macneilでの一番大きな仕事は新しいフレームがもうすぐ発表されることかな。
全てのバイクの新しいカラーやステッカーをやったんだ、だから発表がすごく楽しみなんだ!
今は新しい服の仕事に取り掛かってるよ、Tシャツとかハットとか。
あとクルーザーがやってくるぜ!

The biggest stuff at MacNeil would be all the new frames that are coming out soon.
I worked on all new colors and stickers for all the bikes, So, I’m psyched to see them come out!
We are working on new clothing right now, just a few t-shirts and some hats.
And the cruisers have been a blast!


Defgripでは、新しいTシャツに取り掛かってるのと、サイトの前面を改装する時間を探してるところだよ。
新しいフォントやカラー、新しいヘッダーとか・・・。
僕は自分のプロジェクトに超うるさいし、こだわりすぎて前に進めないんだと思う・・・。
自分の好きなデザインを見つけてそれをどうこうするっていうよりは、何日間か1つのデザインに取り掛かって、全く違ったレイアウトやなんかを何とかして始める、それで前へ進めなくなっちゃうのさ・・・。


For Defgrip. I have been working on some new t-shirts and just trying to find the time do a frontend facelift to the site.
Just like new fonts, colors and a new header...
I am super picky about my own projects and I think I over obsess and never make any progres...
Rather than just finding a design I like and working on that, I’ll work on one design for a few days, then somehow start a completely different layout and stuff and I’ll never move forward...



クリックして拡大画像を表示

質問: ビジネスをする上でいいことって何か、3つ答えて。(3つ以上でも大歓迎だよ) What's the good point doing your business? Point out 3 please.(More than 3 is super OK)

1、経済が大暴落してたくさんの人が職を失ってるけど、自分の仕事の安全性は高いと思うよ。
広範囲のスキルで自分の可能性を広げることができるし、行き詰って何の仕事もないと感じるところに自分の身を置くなんてことはしないだろうしね。
もし印刷物が完全になくなれば、僕はウェブプロジェクトができるし、もし写真の予算が大幅に削減されれば、ビデオプロジェクトができるよ。

1. With the economy taking a dive and a lot of people loosing jobs, I fell very good about my job security because I’ve spread my self out with a wide range of skills and have not put my self in a place where I feel I could get stuck and not get any work.
If print totally dies, I can just do web projects, or if photography budgets get totally slashed, I can work on video project.

2、クリエイティブでいることと、自分が自分のボスでいられる自由があるってのが大好きだよ。
実際はMacNeilではJayが"本物の"僕のボスなんだけど、彼は僕に多いに信頼を寄せてくれてるし、僕のしたいことをさせてくれてるよ。
僕はリラックスした状態であることが好きなんだ、仕事しやすい服を着たり、必要なときに休憩をとったり、などなど・・・。
たくさん働くけど、自分のスケジュール管理の下っていうのが好きなんだと思うな。

2. I love being creative and having the freedom to be my own boss...
Even though Jay is “really” my boss at MacNeil, he has a lot of trust in me and let’s me do what I want.
I like being relaxed, wearing what I want to work, taking time off when I need, etc...
I work hard, but I guess I just really like being on my own schedule.

3、旅に出かけること。MacNeilではたくさん旅行をしてる。
実は、今も飛行機の中で座ってるんだ。LAへ向かってる最中だよ。
ここ数年MacNeilのチームと世界中に行くことができて素晴らしかった。
写真を撮ったり、ビデオを撮ったり、旅行中にウェブサイトをアップデートしたりしてる。
いつでもたくさんの仕事があるけど、自分がやってる仕事が大好きだよ。だからいつも楽しんでるんだ!

3. Traveling. With MacNeil I get to travel a lot.
I’m actually sitting on a plane right now, on my way to LA.
I’ve been able to go all over the world the past few years with the MacNeil team and it’s been amazing.
I take photos, shoot video, and update the website on trips.
It’s always a lot of work, but I love the work that I do, so I always have a blast!

4、素晴らしい人々に出会うこと。世界では本当にたくさんの人たちが素晴らしいことをやっている。
インターネットでみんなと繋がることができるよ。

4. Meeting great people.
There’s so many people in the world doing amazing things and with the internet, you are able to connect with everyone.


質問: ビジネスをやっていく上で大変なことを教えて。
Please tell me about some hard times during running your business.

自分にとって一番大変なと時は、超疲れてる時とかちょうどデザインに取り掛かっている時に、さらに働いてクリエイティブにならなきゃいけない時かな。
スイッチを入れ替えていいアイデアを出すのは大変だよ。
そんなしょっちゅうあることじゃないけど、プロジェクトにかけられる時間があるって時に、インスパイヤーとかクリエイティブを全く感じられないなんていうのは、もう最悪だよ!
あと、複雑なウェブプロジェクトに取り掛かってる時も大変だよ。
僕ってフロントエンドタイプの人間この上なくて、複雑なPHPとかデータベース主導型のものに手を出さなきゃいけなくなると、もう頭がおかしくなっちゃうんだ。
正常にできると得るものはすごく大きいんだけど、何かおかしくなって、素早くコードを見て問題がわかるほどものを知らないんだ・・・
何時間もコードとにらめっこして費やしちゃう・・・
もっと仕事が入ってくるようになったら、コーディングを全部やってくれる人を雇いたいんだよ。
そしたらずっとクリエイティブでいられるし、こんなことに煩わされなくてすむんだ!


Hardest times for me are when I get over worked and have to be creative when I’m super tired or just over doing design.
It’s hard to just turn on a switch and come up with amazing ideas.
It doesn’t happen that much, but when I have a few hours to do a project and I’m not feeling inspired or creative at all, that’s the worst!
I also have hard times when I’m working on complicated web projects.
I’m more of a front end type of guy, so we I have to mess with all the complicated php, or database driven stuff I just go nuts.
It’s really rewarding when you do it right, but if something goes wrong,
I don’t know enough to quickly go over my code and figure out my problem...
I’ve wasted many hours staring at code...
As soon as I get more jobs, I want to hire someone to do all my coding, so I can just be creative all the time and not mess with that stuff!!


質問: 何が自分のビジネスを続けるためにやる気にさせるの?辛い時期を乗り越えられるぐらい
What motivates you to keep running your business even going through hard times.

いいものを生み出すことにハマッてる、だから辛い時期も押しのけられるんだろう、誇りを持てる何かに捧げることができるんだ。
幸運なことに金銭面で苦労したことはまだないんだ、いい仕事が絶え間なくあるし。
でももっとゆっくりだったらとも思うよ。
自分の仕事を成長させるための個人的なプロジェクトに集中して取り掛かるだろうな。
アートやそんなようなものとかさ・・・。

I’m really driven to produce good work and I’ll push through hard times, so I can deliver something I’m proud of.
I’ve been lucky to where financially I haven not had hard times yet and I’ve had a nice steady stream of jobs, but I think if my jobs slowed down.
I would just focus on working on personal projects to promote my work.
Doing art and stuff like that...


質問: ハリソンはいいライダーだしデザイナーでもあるよね。2つも才能があって、それらがすごくよくコラボレートしてると思う。これってライダーとしての、1つのステキなライフスタイルだと思うよ。
僕の観点から見ると、クリエイティブなスキルと才能でBMXシーンに貢献するって素晴らしいことだと思うんだ。
You are a good rider and a good designer. You have 2 talents and there collaborate pretty good together. I don't really see a lot of rider like you. I think this is one nice lifestyle as a rider.
From my point of view it's awesome that you contribute to the BMX scene with you creative skills and ability.

ありがとう!僕の人生にBMXがあるって素晴らしいことなんだ。
だって、さっきの質問の付け足しになると思うけど、インスパイヤーを感じられなくて仕事から離れる必要があるとき、BMXはすごくいいはけ口になるんだ。
いい日に友達と自転車に乗ることですごくインスパイヤーが沸いてくるし、仕事を仕上げるって段になる時にすごく助かるんだ。BMXのないところに自分がいるなんて考えられない・・・。
デザインにのめり込めるのは正にこれが理由だね


Thanks so much!
It’s rad to have BMX in my life because, I guess as an addition to the last question, If I’m feeling un-inspired and just need to get away from my work, BMX is an amazing outlet.
A good day riding bikes with your friends can be so inspiring and really help when it comes to getting work done.
I don’t think I’d be where I am with out BMX...
It’s pretty much the reason I got into design.


質問: Defgripでのインタビューを見たよ。Defgripについて何か言いたいことはある?
I've seen interviews at Defgrip. Is there anything that you you want to express at Defgrip?

Defgripは、BMX界で他に出回っているものを見せるためにスタートさせたんだ。
文化を与えたいし、願わくば人をインスパイヤーさせたい。
同時に、BMXを見ようと楽しみにしている外の世界の人たちに歩調を合わせる場でありたいんだ!

With Defgrip, I just started it, to show the BMX world what else is out there.
Give them some culture and hopefully inspire some people.
At the same time, I wanted there to be a pace for people in the outside world to go where they could see some BMX and get psyched!

僕の解釈 My impression

ハリソンはデザイナーであり自分の仕事にプライドを持って一生懸命やっている
たぶん楽な仕事をしていなく、常に自分の100%か120%を出して仕事をしているんだろうね
そんな彼を支えるのがBMXなのかもしれない
ハリソンはたぶん下の2つの力、能力を使って仕事をしているんだろうね
 1.クリエイティビティーあるものを考える力
 2.考えたクリエイティビティーを表現する力
   表現する物はキャンバス、Web、ビデオなどさまざまだ
精神的に自分の足で立っている彼がかっこいいと僕は思うし
これからも彼の仕事、チャレンジが楽しみだ

What I felt from Harrison's interview is , he does his work with pride.
I don't think his work is easy and light.
I imagine every single time he works with his 100% - 120% power.
BMX is one of the fact to suport and/or express himself.
I surmise his ability/power is the 2 below.
1. Creative thinking power.
2. Expressing power the creativity that he thought.

I felt Harrison really stands on his feet and I do respect that.
I'm looking forward to seeing his future works ,ridings and challenges.