熊谷正寿さんの”一冊の手帳で夢は必ずかなう”を読んで

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット企業で最初に上場を果たしたGMOの会長兼社長の熊谷さんでも有名だが

手帳1冊で夢をかなえた男としても有名だ。

そんな男の手帳についてが書いてある本を読んでみた。

ちょうど、来年になる前に、今使っている手帳のいいところ悪いところを感じていて来年の手帳はその点を改善したいと考えていたところにいい本と出合った。

ちなみに僕の手帳は吉本興業の手帳です。

この手帳はとても面白いよ。

スケジュール管理がとてもやりやすいんだ。

それと、手帳の終わりの部分には、吉本ならではの面白い内容がぎっしり

例えば、僕のお気に入りは遅刻の言い訳集だ。

言い訳の中ではこんなのがあるよ


・ ウイッキーさんに捕まってました
・ 捨てられた猫の飼い主を探してました。
・ 向かい風でした

などなどね

その他、サラリーマン体操など、相当笑えます

でも、中長期の目標を書いて見やすいようにする点が、

僕には合わないんだ。

そこで、今度の週末は、僕のニーズを満たしてくれる手帳を探しに行こうかと考えているところだよ。

さあ、熊谷さんの本 で素敵やなと思って線を引いた部分を以下に書いてみました。
素敵ですね。

人の行く裏に道あり花の山



発明は組み合わせ、消しゴム付き鉛筆を思う出そう



いつでもいい仕事はいつまでもやらない



ポイントは何だ?



あなたに解決できない問題はあなたに起こらない



人間は書物を通して、人の一生を数時間で疑似体験できる、だから本を読め 生涯、勉強し続けろ

学ぶとはいかに自らが知らざるかを知ること

「勉強」という言葉は「身につけたい教養を求めて行動する」こと



礼儀正しさに勝る攻撃力はない



大きな声で挨拶しよう。元気が出る
笑顔を作ろう。心が楽しくなる
人に礼儀をつくそう。尊敬の念がわいてくる



運のつく人は人相がよい。明るい。あたたかい。人を責めない。はつらつとしていいる。 感謝。早起き、明朗
明朗でない人は、心に雑物が入っている、これおを除くには、心を最初から整理する必要がある。
最初に親への恩、感謝意識。 親への恩・感謝意識がある人は人を大切にする。ない人は利害で人と付き合う
命の恩を感じる。父と母の目で感じる。願いに対してどれだけ応えたか。
父がすっとんきょなことを言っても「はい」と答えろ!



細かいことにだらしない会社は取引先、顧客に付け込まれる

この本に興味ある方は下の画像をクリックするとAmazon行きますよ。
kumagai.jpg


ってことで僕は週末に来年の手帳を買ってきました。

写真に載っているフランクリン プランナーってとこのシステム手帳ですね。

目標などを書いて管理してみようっと


それとタカアンドトシのショートムービーの予告編を公開してみました。