洗濯機のワカメみたいな黒カビを効果的に掃除する方法と僕の失敗

  • 投稿日:
  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯機で洗濯すると衣類に黒いワカメのようなカビがついて困ってませんか? それは洗濯槽についているカビです。
このカビを根こそぎとって洗った衣類に黒いカビがつかないようにしたいですよね。
洗濯槽のお掃除をプロに頼むのも手ではありますが、自分で簡単にできるのでここで紹介します。
我が家の洗濯機も黒カビがたまり衣類に黒カビがつくようになりました。初めは自宅にあった粉末の漂白剤を使って、洗濯槽のお掃除をしていたのですが、それでは黒カビが取りきれなかったのです。

それでも毎日洗濯をするので下の写真のようにワカメのような黒カビが衣類につき続けるのです。

こんな日々が続くのは気持ちいいものではないですよね。

これはどうにかしなければということで調べました。
我が家の洗濯機は日立のビートウオッシュで嬉しいことに洗濯槽を綺麗にする機能がついていて、下の動画で説明をしてくれているんです。

ケチったから失敗した

上の動画で紹介している洗濯槽クリーナーを買うのをケチって自宅にあった下の粉末の漂白剤を使って洗濯槽を掃除してみました。 漂白剤で匂いを消す 結果、多少ワカメのようなカビは減ったかもしれませんが、あまり変化がなかったです。 4回ぐらい洗濯槽の掃除をして、黒カビはだいぶ減りました。

しかし、1ヶ月ぐらい経ってから、またワカメの黒カビがたくさん出るようになったのです。
これは粉末漂白剤を使ったところで根本的な解決になっていないということで、専用の洗濯槽クリーナーをamazonで買いました。


動画に従ってガチな洗濯槽クリーナーを使った!

購入したのは日立 洗濯槽クリーナー SK-1

これが1つで2000円ぐらいして、1回で全部使うので最初は買うのを躊躇しましたが、これでワカメカビが全て無くなるのであれば買ってみようと思い思い切って買ってみました。

この洗濯槽クリーナーは日立の洗濯機でなくても使えます。
洗濯槽の洗浄コースがない洗濯機、ドラム式洗濯機の場合でも使えて、同封された下の説明書に使い方が買いてあります。

この洗濯クリーナーを使って11時間の洗濯槽の洗浄コースをやってみました。
11時間のうちの9時間ぐらいは下のように水がいっぱいになって洗濯槽クリーナーを洗濯槽に浸けている状態です。
最初はぐるぐる洗濯槽がちょっと回転しましたが、ほとんどは何も動かずに使っている状態です。

すると下のようにワカメの黒カビが出てくる出てくる。
下の写真は洗濯機がぐるぐる回っているときにワカメたちが踊っているように水の中をふわふわしている時の写真です。

こちらの写真は洗濯機が回るのが終わり、ゆっくり浸かっている時の写真です。

このワカメの黒カビたちをすくって取らなければいけないのかなとちょっと心配になりつつ、そのままほっといてみました。

洗濯槽の掃除の終盤になると、水も変わっていないのに下のようにワカメの黒カビたちの姿が下の写真のように見えなくなりました。

洗濯槽クリーナーの強力な酸性の液体が溶かしたのでしょう。

11時間の洗濯槽の掃除が終わって翌日洗濯をしましたが、ワカメの黒カビの姿を見ることはありませんでした。
専用の洗濯槽クリーナーをamazonの洗浄力は素晴らしいです。


最後に、これからのステップ


しばらく洗濯槽を掃除していない方は最初に専用の洗濯槽クリーナーをamazonで掃除して一回徹底的に掃除するのをおすすめです。

それから3ヶ月周期ぐらいに【まとめ買い】 カビキラー 洗たく槽クリーナー 洗たく槽カビキラー 塩素系液体タイプ 3本セット 550g×3本を使って洗濯槽の掃除をするのがいいと思っています。

今回は日立の洗濯槽クリーナーを使って掃除をしたので、数ヶ月後の梅雨、夏はカビキラーを使って洗濯槽の掃除はやろうと思っています。