自分で自分をだまして新しい技を身に付ける 【BMXがうまくなる練習時の気持ちと言葉 #5】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分がやろうとあまり思ってなかった技で、

自分で自分をだまして新しい技を身に付けることがある。


 ちょっときっかけで軽くできない技をやってみるときってあるよね?

僕だったら、逆回しのテールウイップがそうだった。

僕と友人のノビちゃんである日まったり自転車に乗っていた。

二人でテールウイップができるから逆回しのテールウイップはどうかというのでやってみた。

二人とも全然できない。

で、『だまされたと思って20回やってみよう、そしたらなんとかなるかもしれないよ?!』

と言ってやってみたんだ。

20回やった後では1回目のときよりも上手くできるようになり、

『お!これはできるかもしれないぞ!』ということで

その後も練習してできるようになったんだ。

軽い気持ちでできて、危なくない技をやるときは

20回と回数を決めてやってみる。

20回やったときに1回目と比べて上手くなっているかを見る

もし、成功したら、それは最高に喜ぼう!

成功してなかったが、うまくなっていたら、上達を喜び、このまま続けたらできるようになると思って、もう20回やってみよう!

上達してなかったら、もう20回やるのもいいだろうし、違う技へと気持ちを切り替えてもいいよ

大事なポイントは前向きでいること

自分のちょっとした上達を喜ぶこと

いっしょに練習している友達とお互いの上達をたたえあって、

ゲーム感覚で練習すると思ったよりも早く上達することがよくあると思うんだ。

あなたはこんな経験ない?