佐藤英吾君の死去で思うこと2つ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月28日にフリースタイルモトクロス(FMX)の世界のトップライダーの佐藤英吾君が亡くなった。
彼とは10年ぐらい前に知り合ってから友達でいる。
嬉しいことに知り合ったときはFMXはBMXの技を参考にしていたから、僕がちょっとだけアドバイスができたんだ。ふふ
それから、2009年に英吾君はX-gamesに出場し、世界を代表するFMXライダーとなった。
彼の活躍をインターネットを通していつも見ていた。
本当にすごいし、かっこいいんだ。
そして、数週間前も彼とヨガの話をしていたところだった。
でも、突然2013年2月28日に帰らぬ人となってしまった。
信じられないが、僕が感じたことが2つあるから書いてみる

2006年に2人でMTV Sportsの番組での収録での1枚
20060528101715_1.jpg

とにかく悲しい

とにかく悲しい。頻繁に会う友達ではないが、お互いトップアスリートとして活躍していた。
活躍している者同士の絆がある。
それは、お互いを尊敬し合っているから築いている絆なのかもしれない。
僕が勝手にそう思っているんだけどね
つい数週間前にFacebookでメッセージのやりとりをしていたのに、突然の彼の出来事で僕は信じられない。

そんな英吾君が世界で活躍するのを見ているのが、僕は大好きで尊敬していた。
彼と直接会えるのはいつか分からなかったが、会うときはいつも楽しみにしていた。
とにかく、彼がこの世にいないということが信じられない。
もし、それが現実なら本当に悲しい。

自分の命を大切に使いたい

英吾君の死についてくよくよしていたら、きっと本人は「辞めてくださいよ〜」と言うだろう。
それぐらい英吾君は気さくでフレンドリーなナイスガイだ。
だから、生きている僕は生きている間はより多くの人に何かいいことを与えたい。
英吾君は世界中の人々に勇気を与えていた。
僕は僕なりにいいものを提供しよう
そのために僕は僕自身と回りの人たちのために生きることを誓いたいね


英吾君の冥福を心の底から祈ってます
いつも勇気と夢をくれてありがとう
英吾君の冥福と回りの方々の幸せを心より祈ってます