写真で分かるハトメの使い方、皮財布につける手順とグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年になって財布を新しくしたと先日報告しましたが、財布に穴をあけて鍵を取り付けたため課題として下の写真のようにキーホルダーを通す穴が皮そのままなので、そのうち皮が削れたり、裂けていくことが予想される。
これでは、せっかくのお気に入りのNIXONの財布キーホルダーの組み合わせの寿命が短くなってしまう!

加工前の財布
hatome01.jpg
クリックして拡大画像を見る

そして、Facebookで親切な友達がハトメを裁縫屋さんで買えば大丈夫だと教えてくれた。
ということで、ハトメを買って、取り付けてみたら下の写真のように財布の気になる部分がバッチリ解決した!
しかも、素人が加工したとは思えない仕上がりになった。

ハトメを取り付けた財布
hatome02.jpg
クリックして拡大画像を見る

僕はハトメをCotton Fieldという裁縫屋さんで買ったが、Amazonでも下と同じものが売っている。

カネエム ハトメ・5mm(302ニッケル)
hatome03.jpg
クリックしてAmazonで見る

このハトメセットには、金具のハトメと取り付け器具もついているから、あとはハンマーがあれば大丈夫!

付属の取り付け器具
hatome04.jpg
クリックして拡大画像を見る

家庭でたまに使うぐらいなら、この金具1つ1つ取りつける作業で充分だ。
たくさん、取りつけるのならもう下の器具を買うことで作業効率が上がるだろう。
ファミリーツール(FAMILY TOOL) ハトメパンチ 5mm ポンチ付 アルミ製ハトメ付 64-1A


僕が行った最初の作業は、まずハトメを通す穴を財布に開けることだ。
ハトメ用穴の器具を取り付ける部分に当ててハンマーで叩けばOK!
作業する場所はまな板の上にした。まな板なら多少、跡がついてもいいだろうと思ってね。

ハトメを付ける穴を開ける
hatome05.jpg
クリックして拡大画像を見る

ハンマーでトントンとすれば下の写真のように空く

ハトメ用の穴は簡単に空く
hatome06.jpg
クリックして拡大画像を見る

次にハトメを裏用と表用を置いて、取り付けようの器具を当てる

これからハトメ取り付け
hatome07.jpg
クリックして拡大画像を見る

ハンマーで強めにまっすぐゴンゴン叩けば下のように出来上がる!

ハトメ取り付け後の表側
hatome08.jpg
クリックして拡大画像を見る

ハトメ取り付け後の裏側
hatome09.jpg
クリックして拡大画像を見る

素人の僕でも簡単にここまでできるのが嬉しい。
今回のプチ革細工がきっかけで革細工にはハマルとは思えないんだけど、楽しい。
妻に取り付けたハトメを自慢したら、「あ!これは娘が幼稚園で使うタオルを加工するときにいいかも!」ということで僕の財布をアップグレード以上の効果があったようだ。
低価格でできるが普段のやらないことだから、新しい気付き、発見が得られたから嬉しい。
小さいことでも何かにチャレンジしてみるというのはいいことだななんて思いました。

他のNIXON商品のレビュー記事はこちら