やる気と温かい気持ちをくれる本2冊

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気分良くささっと読める本に出会ったので軽く紹介します。
1冊目は神田龍夢さんのサムライスピリット、2冊目はハーバードからの贈り物です。
どちらも人の生き方、生き様について書いてある本です。


サムライスピリット 神田 瀧夢著
romekanda.jpg
クリックしてAmazonで見る

神田龍夢さんはアメリカのTV番組で司会をし、世界で最高に有名な方です。
で、実は18年前に神田さんがまだ有名でないときに、僕は知り合っていました。
あれから有名になり、世界で大活躍している姿をTV、Web、書籍を通して知ることができて僕は非常に嬉しく思っているのです。
そんな神田さんの本は、神田さんの生き様について書いてあります。

アメリカンドリームをかなえるまでの道のりについて書いてありますが、僕が思う大事なことはそこではなく、神田さんがいつも伝統的日本人の精神を強く持ち続けていることだ。
伝統的日本人の精神とは、自分の隣人を愛し、地域に貢献し、国家を誇りに思うこと。
また、読んでいて神田さんの今日の成功までには、長い道のりがあったのではないかと思える。
そんな本著を読んでいて僕の心に出てきた想いは「自分を信じ、志を持って諦めずに続けることが大事」ということだ。
自分の可能性を信じ続けて努力し続けるぞ!

 

ハーバードからの贈り物
harvardbook.jpg
クリックしてAmazonで見る


この本は15人のハーバードビジネススクールの教授たちのメッセージが込もった話しが書かれている。
ハーバードビジネススクールでは、最後の授業に今日たちが生徒たちにメッセージを込めてする話しをするのだ。
この話しはロジカル思考や、マーケティング、ファイナンスなどのビジネス的なものではなく、教授たちの生い立ちから学んだことや、遭難した話しなど人生において教授たちが大事だと思うことを話している。
全部で15話を収めた本は、非常に心温まり、勇気をくれる内容です。

 

最後に

上の2冊の僕にとっての共通点は2つある。1つ目は読んで勇気がもらえること、2つ目は俺も頑張ればなんとかなるかもなと思えるようになることだ。
普段はビジネス書ばかり読み、たまに小説を読んでいるが、このようなドキュメンタリー、自伝を読むのも非常に面白い。

さ、知識、知恵に対してよりどん欲になりインプットして、積極的にアウトプットしていくぞ!