26年間で乗ったBMXの数

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、妻に今まで何台のBMXに乗ってきたの?と単純な質問をされました。
とても素人的な質問だが、僕は数えたことがなかったので、これは面白いと思い数えてみることにしまいした。

僕が大好きで得意なヒップでのぶっ飛ぶ
sgride1008.jpg


今まで乗ってきたBMXのフレームは27本

BMXを本気でやっていると自転車を丸ごといっぺんに新しくするということがなくなる。
ほとんどのライダーは乗っている自転車の部品・パーツを交換しながら乗るから明確に、これが僕の何台目の自転車というのは稀だと思う。
だから、部品・パーツの中で一番大きなフレームの数を今まで乗ってきた自転車の数ということにする。

そうすると、今まで乗ってきた自転車は27台になる。
詳しい年代とどんなフレームを乗ってきたかは下の表に書いてみます。


今まで乗ってきたBMXフレーム
framesridden.jpg
BMXの商品名が多いので、BMXを知らない方は分からないと思います。すんません

ちなみに今、僕が乗っている自転車はこれです
詳しいスペックについてはここのページにあります

MacneilのBibi
mybike1008.jpg

最後に

12歳からBMXに乗り始めて、もう26年間乗っていることになる。
その間で平均1年に1本のペースでフレームを変えていることが分かった。
ガチンコで大会に出て、ガツガツとアメリカに行っていたときは1年以内にフレームを変えていたときもありました。

また1度、2台の自転車を同時持って乗り分けたときがありました。
でも、これはうまく行きませんでした。
自分の性格もあるのでしょうけど、1度に2台の自転車に自分の意志を100%〜120%込めることができなかったため、どうしても1台の自転車に乗り続けていた。
それからは常に1台の自転車だけで勝負をしてました。
1台の自転車に自分の意志を100%〜120%注いで、メンテナンスをしっかりすると自転車が自分の言うことを聞いてくれて、僕の手足になって動いてくれるのです。

メンテナンスについてですが、ズボラの性格の僕は99年ぐらいまではメンテナンスはほとんど行わず、結構ガタガタの状態で乗ってました。
僕は、「自転車のメンテナンス、状態よりも自分の腕があればいいライディングができるんだ!」と思ってました。
でも、アメリカの大会で友人の大将が「ちゃんとメンテナンスすれば、もっといいライディングできるんだけどな〜」とボソって言ってくれてから、メンテを少しちゃんとやるようにしました。
それから数年後、友村君が僕のBMXのメンテを引き受けてくれてからは、自転車を最高の状態にしてくれるようになりましたね。
自転車のメンテがしっかりしていると本当に乗りやすくて、自転車が扱いやすいのを実感しました。

だらだらと書いてしまいましたが、BMXのフレーム27本とは、自分でもたくさん乗ったと思いました。
そして各フレームの背後にはいろんな物語と思い出があるんだと改めて認識しました。