Twitterを仕事で使うための50のアイディア

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Chris Broganさんのブログ記事で50 Ideas on Using Twitter for Businessという面白い記事を@WorldStrategyGrさんが教えてくれた。
これは面白いと思ったので、ざくっと訳してみます。よかったら参考にしてください。
おかしな訳の部分があったら、アドバイスください、その都度直してみますね。


ソーシャルメディアの中で企業がTwitterを試していることは否めないよね。
Twitterでビジネスなんてできないと言ってもいいが、多くの人がTwitterをビジネスで使う価値があると思っているだろう。
ここで、Twitterを仕事で使う50のアイディアを列挙してみます。
仕事というのは、1人で行う小さなプロジェクトから、たくさんの顧客を対象にしたものまでと幅広い範囲で考えます。

 


最初に行うこと

1.すぐにTwitterアカウントを作り、自社、競合の名前、関連用語でTwitter Searchを行うこと。どんな風につぶやかれているのかを見ることだ

2.プロフィール写真をアップロードする。ユーザーはあなたを見たいのです

3.ユーザーの興味について話しましょう。これで自分の製品は売れないが、ユーザーにあなたが人だと認識してもらえます

4.自分のことばかりでなく、自分の回りでの面白いことをつぶやくこと

5.良い記事のリンクを共有しよう。 ( @wholefoods がうまくやってます)

6.謝るだけのサイクルに留まらないこと。変わりにユーザーの助けになることをつぶやくことだ( @jetblue が旅のコツをつぶやいてます)

7.自分のことをつぶやくときは慎重に行うこと、ファンは喜ぶけど、他の人はトーンダウンします

8.従業員の仕事以外の話しをお知らせしよう ( @TheHomeDepot がうまくやってます)

9.何人か人を投入しよう。例:RichardAtDELL, LionelAtDELL, etc.

10. ビジネスに関係ないこともつぶやこう、例: Mzinga社の @astrout @jstorerj のように

 

つぶやくネタのためのアイディア

11. "何をしてるの?"という質問に答える代わりに、"何に興味があるの?"という質問を投げてみる

12.会社内に2人以上のTwitter担当者をアサインしよう。従業員は辞めることもあれば、休みも取る。余裕を持つことはいいことだ

13.ブログのエントリーを告知するとき、リンクを貼付けるだけでなく、質問を投げかけたり、次に何を書くのかを書きましょう

14.質問をしよう。Twitterは意見がもらえる素晴らしい場所です

15.面白い人たちをフォローしましょう。面白いことをつぶやいている人を見つけたら、その人が誰をフォローしているのかを見て、その人をフォローしましょう

16.2回目ですが、他の人のことをつぶやきましょう。自分の仕事へのインパクトはないが、フォロアーたちに石頭だと思われないようになるでしょう

17.自分のことをつぶやくときは、役にたつことをつぶやきましょう。アドバイスを与えてたり、ブログ、写真を紹介したり、などなど

18.会社の人間臭い部分も共有しましょう。もし、つぶやくことに困っていたら、それはあなたがソーシャルメディアには人間関係作りに価値があることを見いだしているということです。

19.自分のことばかりつぶやかないこと(僕は自分のことばかりつぶやいているよ。自分のことばかりつぶやくことを改善しないと)

20.もし、自分のことばかりつぶやいていたら、他の人のこともつぶやいてバランスを取っていきましょう

 


自分の健全さのために

21.全てのつぶやきは読まなくても良い

22.自分宛のつぶやきに全て返信をしなくてもよい、(いくつかのものには返信をすること、でも返信をしなかったからといって気をとがめる必要はない)

23.公にする会話ではなく、1対1の会話のときはダイレクトメッセージ(DM)を使うこと、会話を聞くために(@pistachioから効きました)

24.Twitter Searchなどのアプリケーションを使うこと!誰かがあなたのことをつぶやいているかもしれません。そのときは自然な形で会話に参加してください

25.TweetdeckTwhirlのようなサードパーティーのTwitterクライアントはTwitterを楽にしてくれます

26.一緒に働いている人たちが忙しいなか、あなたが一日中Twitterをしていたら、じきに注意されるでしょう

27.もし、あなたがクライアントを抱えていて、クライアントに対して仕事をした時間単位で請求をしていた場合に、一日中Twitterをしていたら、クライアントに文句を言われちゃうでしょう

28. TinyURLなどのURL短縮ツールの使い方を学びましょう。あなたのつぶやきを短くするのに役立つでしょう

29.もし、誰かにあなたのTwitterの使い方が間違っていると言われたら、気にしないことだ。Twitterはオプトアウトな社会だから、その人がもしあなたの使い方が気に入らなければ、アンフォローすればいいだけなんだ

30.他の人のつぶやきへのコメントや、リトゥイート(ReTweet)はコミュニティーを築くのに素晴らしい方法だ

 


Twitterをやってて人に言われるネガティブなこと

31.Twitterは時間がかかる

32. Twitterは他の生産的な仕事からあなたを遠ざける

33.戦略をもってTwitterを行っていない場合、ただのタイプになってしまう

34.他にも同じことを達成するやり方もあるでしょう

35.フランクが良く言われるように、Twitterはカスタマーサービスを置き換えることはできない(フランクのアカウントは @comcastcares で、彼自身が始めたことによってスーパースターになった)

36.Twitterはバギーでエンタープライズ用途には向かない

37.Twitterはコンピュータおたくだけのものだ

38.Twitterのユーザー数は数百万だけでしょう

39.Twitterはダイレクト メール マーケティングに置き換わるものではない

40.Twitterは企業に対しての批判とクレームの窓口だ

 


Twitterをやっていて言える前向きなこと

41.Twitterは組織のオーガナイズに役立つ、インスタントなミィーティング(tweetups)に最高だ

42.Twitterはたくさんの意見を集めるのに役立つ

43.Twitterは人のアテンションをいい方向に向ける助けになる

44.イベントでTwitterを使うことで、簡単にもう1つの情報チャンネルが築ける

45.Twitterは他のメディアよりもNEWSは早く広げる (特にNEWSがオンラインでのインパクトが大きい場合)

46.Twitterは企業のステータス表示に似たようなことをしてくれる

47.Twitterは素晴らしい人たちを集めてくれる。そして、毎日学ぶ機会を与えてくれる。(あなたが正しい人をフォローして、Twitterを見ている場合)

48.Twitterは評論家にフォーラムを与える。しかしここから学ぶことができる

49.Twitterは事業開発を手伝ってくれる、狙う市場がオンラインの場合

50.Twitterは顧客へのサービスを増大させることができる


他に何かありますか? あなたが仕事で使っている他の方法はありますか?
あれば、コメントください

 


最後に

僕自身も日々Twitterで何となくつぶやいていいたり、仕事の中でtwitterを使う企画を考えたりしていますが。
この上の50項目はtwitterを仕事でやってみるときに、役立つのではないかと思いました。
特に11から20のいいネタをつぶやくためとTwitterの良い活用方法についてのちょっとしたアドバイスは役にたつのではないだろうか?
もし、仕事でTwitterを導入しようと考えている方で、上の内容が役に立ってくれたら嬉しいな

僕自身は自分のことをよくつぶやいているので、もう少し他の人のことを考えてつぶやくように反省をしたしだいです。
そして、僕のTwitterアカウントは@shoegです。よかったらフォローしてください