東京駅のお土産に六厘舎の贅沢つけめんが最高!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、東京駅に東京ラーメンストリート登場エントリーで紹介した東京駅の六厘舎に寄ることができたので、六厘舎のお土産を買って自宅で妻と下のうまいつけ麺を食べることができた。

自宅で作った六厘舎のつけ麺
rokurin07.jpg
クリックして拡大画像を見る

六厘舎のつけ麺をお店で食べようとすると、すごいの行列に並ばないといけないため
僕は行列を横目に並ばずにお土産を買うことができた


1人前¥850で買えて、3人前買うと下の箱に入れてくれる。
rokurinsya01.jpg

箱を空けるとこんな感じで珠玉のつけ麺の材料が入っている
rokurinsya02.jpg
※すでに妻が1人前食べたため、箱の中には2人前のつけ麺の材料しかない

1人前のつけ麺の材料はこちら
rokurin03.jpg
左上: 浅草 開花楼に通い詰めて作ったという極太麺
左下: 六厘舎が編み出した魚粉
真ん中: のり
右: スープ(チャーシュー、メンマ入り)

これを見るだけでも、僕はワクワクする

つけ麺の作り方説明書も付いている
rokurin04.jpg
そして、自宅で六厘舎と同じように調理できるのか不安になってしまうが、そこは六厘舎は親切に分かりやすい作り方の説明書を用意してくれている。
書いてある内容もとても丁寧だ。麺は大きな鍋で茹でて麺を泳がせることとか、
麺を水・冷水で締める時間は2分から4分と実際お店で行うどおりの調理方法を紹介しくれている。

スープを湯煎して解凍・温め
rokurin05.jpg
クリックして拡大画像を見る

スープは湯煎をして解凍し、アツアツにする
これは15分ぐらい行うと書いてあったが、25分ぐらいは温めた


薬味を用意:ネギ、タマネギ、にんにく
rokurin06.jpg
お店で食べるのと決定的に違うのは、自分でトッピングができるということだ。
お店同様ネギを乗せ、それに加えてタマネギとにんにくもトッピングとして用意した。

麺を9分茹でて、水で締めた後に盛りつけ
スープもどんぶりに入れたらできあがり!
下のように美味しく出来上がった。


六厘舎のつけめんは楽天でも変えます。
下の画像をクリックすると楽天のページに行きます

rokurin07.jpgのサムネール画像
六厘舎つけ麺販売ページへ


食べてみると最高にうまい!
麺の量は250gなので、麺を食べ終わってから余ったスープにご飯を入れておじやにして食べたら、これまた旨い!


六厘舎のつけ麺をお土産に買ってよかった!!
お店で食べればプロの方に作っていただけるが、自宅で作って食べるメリットも下のようにあるだろう。

  • お店にはないトッピングを乗せることができる
  • 食べている途中でスープがぬるくなったらレンジで温めることができる
  • 行列に並ばなくてよい
  • 自宅でビールを飲みながら、家族と楽しく食べられる

また、これは東京土産として、プレゼントするのもいいだろうな。
次回、東京駅付近に行ったときに、またつけ麺を買います。