冬の自転車移動にはベロの厚い靴がいい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年に入ってから通勤を電車から自転車にフルシフト!
平日は自転車で往復20kmの距離を走っている。
寒い冬だというのに上半身は汗をかくので良い運動になってるため、
去年失敗しまくったダイエットが成功するかもしれないと思っている
でも、片道10kmを30分かけて走るため、会社に着くときには、つま先と足のこうがすっごく冷たくなっていて困った日々が続いた。
自転車を漕ぎ出してから15分後には足が冷えてしまってた。

そして偶然、DC COURT GRAFFIKを履いて自転車通勤をしたら、つま先と足のこうの冷えがかなり軽減された。
理由としてはこの靴のベロが厚くできているのと、つま先の部分が表面の合皮と内側の布で2,3重構造になっているためだろう。
ってことで、僕の新しいDC COURT GRAFFIKを紹介してみます。


DC COURT GRAFFIK
court01.jpg
クリックして拡大画像を見る

特徴と感想:
・幅広い靴ひも
・シンプルなつま先に小さくDCのロゴをあしらっている
・かかとに大きなDCロゴをつけている。この前後のアンバランス感が僕は好き
・靴ひもの下のベロが厚いので、靴ひもをゆるめにしてフワフワした感触にするのが好き
・ソールはDCのスタンダードなパターン


court02.jpg
クリックして拡大画像を見る

最後に

寒い冬の自転車移動でつま先と足のこうが冷えるのを靴を変えたら軽減されたのに、偶然の発見で僕は驚いた。
今まで靴で防寒をするなんて発想を通常の生活の中では考えていなかった。
何か、普段気づかないところにビジネスチャンスが眠っているのではないかと思わせてしまう出来事でした。