二日酔いで年間1.5ヶ月ロスしていた事とその解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の6月ごろはお酒を飲みにいく機会が多った。
お酒を飲む量をあまりコントロールできない僕は週に1回ぐらいは二日酔いになっていた時があり、
これは良くないと思った。二日酔いになると気分は良くないし、二日酔いの日の仕事は全然はかどらない。
何もいいことがないよね。
そこで、まず僕が二日酔いになることで仕事でどれぐらい損をしているのかを計算してみる。


二日酔いによる自分のロス

いろいろと前提条件を設定してみて、"えい、やー!"で計算をしてみる


前提条件

二日酔いになる周期: 週に1日
二日酔いのときの仕事量: 40%
量と質を合わせて考える。普段の1日の仕事量を100%とする
詳細は下に記す

二日酔いの日のロスの詳細
・一日の平均勤務時間: 9時間=8時間+残業1時間
・朝30分遅刻: いつもはAM9時出社が9時半出社 (−30分)
・定時で退社(−1時間)

二日酔いのときの勤務時間: 7.5時間 =  平均勤務時間9時間 − 30分 −1時間


・仕事へのやる気も集中力もダウン (−50%)

3.75時間 = 7.5時間  50%
通常と比べた仕事量: 42% = 3.75時間勤務時間9時間
ここでは42%を40%として今後計算する

二日酔いによる1週間の仕事ロス

1日の仕事量が100なので1週間(月〜金)の仕事量は500になる
1日二日酔いになると、100の日が40になるため
1週間の仕事量は 440=100 x 4日+40 x 1日になる

1週間で60=500−440のロスしているので、全体500と比べて12%のロスをしていることになる。


二日酔いによる1年間の仕事ロスは1.5ヶ月

年間の勤務日数を250日として、年間に二日酔いでロスする日数は30日=250日x12%になる
30日を月に直すと、下のようになる
  1.5ヶ月 = 30日(ロスする日数)  20日(月刊勤務日数)


1.5ヶ月のロスを減らせたら何ができる?

年間で1.5ヶ月分のロスとはとても大きいよね!!僕はショックだ
そして、この1.5ヶ月分のロスをどうしよう?
すでに今まで1.5ヶ月ロスしているのなら、今後二日酔いになる日を減らしすことで無駄にしている日を減らすことができる。
ほな、取り戻せた日、時間は何をしよう?
残業をしないために仕事を早く片付ける、それとも早く帰宅するなど仕事効率を上げることができる。
さらに、自分に投資したり、自分のやりたい仕事をやることもできるだろう。
もしかして1.5ヶ月分さらに勉強したり、仕事することで来年以降の年収が上がるかもしれない。
いずれにしろお得なことは確かだ。
とにかくロスしていた時間を自分のために使えるし、そもそも二日酔いで気持ち悪い日が減るのはとても嬉しいことだ。


二日酔いしないためにどうしよう

では、お酒好きの自分が二日酔いをしないようになるにはどうしたらいいんだろう?
6月にTwitterで良い二日酔い対策はないかとつぶやいたら、下の2つのいい返事をもらいました。


Kayumi@shoeg 事前に対策するなら「ヘパリーゼ」が最強と聞きました。私も一度試しましたが、確かに効果があったように感じます。ま、次回からお気をつけ下さい!(^^)http://www.hepa.jp/
ahiruguchi@shoeg いろんな対処法が、あるみたいですね http://blog.livedoor.jp/lal...

ということで、この2つのアドバイスを元にした僕の二日酔い対策としてヘパリーゼに頼ってみることにした


新ヘパリーゼ プラス

hepa02.jpg

錠剤の新ヘパリーゼプラス
は一日3回2粒づつ飲む
ハードに飲酒をする人のためみたいだが、僕は毎日飲酒をしないけど、できるだけの対策をしたいからこの錠剤を飲んでいる。
今は毎日飲んでいないが気づいたときに飲むようにしている。


飲む前か後に新ヘパリーゼ ドリンク

hepa01.jpg
ヘパリーゼドリンクは飲む前または飲んだ後に飲むようにしている。
今日は結構飲んだな〜と思ったときは、寝る前に飲むようにしている。飲まないよりはいいと思っている。

いずれも薬局で買えるんだが、ヘパリーゼドリンクは3本セットだとちょっとお得なので、それを買っては自宅の冷蔵庫に保管している。


結構飲んだときにヘパリーゼが身近にないとき

結構飲んだときの夜だと薬局も閉店してたりしてヘパリーゼを買えないとき、さらに家に置いていないときもある。
そんなときはコンビニでソルマック胃腸薬などの胃腸薬を買って飲んでいる


ヘパリーゼを飲むようになってから2ヶ月間1度も二日酔いをしていないので効果があるのかもと思っている。
ヘパリーゼを飲むようになってからは、少ない酒量で二日酔いにならなくなったとも感じている。
また、以前ほどお酒を飲まなくなっているのかもしれないが、特別セーブしているつもりもない。
自分は酔っぱらうとどうしてもどんどん飲んでしまうので、セーブしようと思ってても酔うとどうでもよくなっちゃうのが本音だ。
でも、このエントリーを下書きで書いているときの昨日は久々に軽い二日酔いになってしまった(笑


それでも二日酔いになったら

こんな対策をやっても二日酔いになっちゃったら
小野さんの二日酔いの治し方に書いてある、いろんな方法をやるのと耐えるしかないだろうね


最後に

僕なりの二日酔いによる仕事のロスと対策を書いてみたが
そもそも、自分の精神力が強ければ二日酔いになるまで飲まないのだろう。
分かっちゃいるけど誘惑に勝てないでいる弱い自分がいる。
こんな弱い自分に勝てる日はいつ来るのだろうか?
また、ヘパリーゼ、ソルマックのように弱い自分をサポートしてくれる商品がどんどん買われていくんだろうね。
一番いいのは、誘惑に勝つ方法を得ることだが、どうしたらいいのかが分からない。
一度、滝に打たれる修行をやったほうがいいのかもしれない。
ということで"誘惑に勝つ方法"は今後も自分のテーマの1つとして考えていきます。