【グロ注意】BMXのコケから学ぶ人生の失敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMXで頑張って乗っているとたくさん転んで失敗をする
それで失敗にはいろんな種類があることが分かったので分類してみる
そして、"失敗は成功へのプロセス"と言うが、失敗を分類して理解しておくと人生、仕事にも応用が効くのではないかと思った


失敗の種類


1.想定内の失敗:軽い失敗

どんなコケ?
技ができなくて軽く足を地面に付くぐらいの失敗
自転車から軽く降りるぐらいのものも含める
僕は新しい技に挑戦するときに軽くやって、わざと転ぶときがあるが怪我もしない軽い失敗だ
自分の中でリスクをとっていなく、軽い練習の中での失敗

動画だとこんな感じの失敗たち

これは540テールウイップテールタップという難しめの技に挑戦しているんだが
技を失敗したところで全然たいしたことはない


危険度(Min1~Max5段階):1

人生に投影
・自分が書いたプログラムの軽いバグ、
・書類の中のちょっとした誤字
・メールのタイプミス
こんなケアレスミスがここに分類されるだろう


2.想定内の失敗:思いっきり挑戦しているときのコケ

どんなコケ?
何か技に思いっきり挑戦しているときは、とても集中して気が張っている状態になる
だから、失敗したときでも、見た目はとても派手なコケをしても、大きな怪我をしないことが多い
マックスに挑戦しているときの失敗

危険度(5段階):3

人生に投影
・5社コンペでのプレゼンに全力で挑んだが、自分の提案が採用されなかった
・人生で50回目告白で好きだった女の子にでフラれてしまう
・全力を振り絞って作ったプログラムを動かしてみたら、無限ループに入ってサーバーがダウンしてしまった


3.想定内の失敗:挑戦しているときの覚悟の上の大ゴケ

どんなコケ?
何か技に思いっきり挑戦しているときだが、集中して気が張っている状態になのに
自分の能力をはるかに超える技に挑戦しているため大きくコケて大怪我をしてしまう
自分自身が2年前に大会で完璧でないフロントフリップ(空中で前回り)に大会で挑戦して大怪我をしたがそんなコケで
このビデオページで一番再生に出てくるコケだ
マックスに挑戦しているが、許容範囲外のため怪我をしてしまう、無謀なチャレンジによる失敗

危険度(5段階):4

人生に投影
・この上司に反抗したら左遷されると言う人に、わさと酒の席で、その上司の悪いところを本人に言ってしまって、翌月には左遷されちゃった
・今まで100万円までのプログラミングの仕事しか請けていないのに、数千万円のシステムのプロジェクトを引き受けてしまい、翌月に最初の納期が迫っているが何もできていない
・FLASHの専門家として仕事していたが、社内で「誰かSilver Lightできる奴いるか?」と重役がみんなに聞いたときに「できま~す!」と手を挙げたが、翌日に5つほどSilver Lightのバナーを作らなければいけなくなってしまった

ここから下は想定外のコケです
ここから先のコケは大けがに繋がることが多い

4.想定外の失敗:油断の影に潜む失敗

どんなコケ?
いつも簡単に成功する技をやるんだが、なぜかそのときに失敗してしまい怪我をしてしまう
心の隙間にあった油断が大きく裂けて起きてしまう失敗

07年のクリスマスのときにマニュアルという基本的な技で転んだときの怪我がこれ
scar.jpg
マニュアルは下の映像で技を説明しています
マニュアルのHow-to
jrmanual.jpg
クリックしてHow-to動画を見る


下の動画は縁戚に乗っかろうとしただけなのに、タイミングを大幅にずれて体だけが前に回ってしまった映像だ

危険度(5段階):5

人生に投影
・彼女とのエッチの最中に何気なく言った一言で彼女が突然怒り狂ってしまいフラれてしまった
・1週間かけて書いたプログラムが後輩との会話中に間違って押したキーによって全て削除されてしまった

5.想定外の失敗:自分がどうなっているのか分からない状態になってしまう失敗

どんなコケ?
空中を飛んだ直後に技が失敗するんだが、大概は自分が空中でどうなっているのか分かっている
でも、たまに自分の体の位置、格好がどうなっているのかが分からないコケをするときがある
そんなときには大怪我をする可能性が非常に高くなる
自分の座標地を見失ってしまう大コケ

4年ぐらい前の大会でのコケ
最後に左のランプから右のランプに飛ぼうとするが自転車がすっぽ抜けて
自分は逆さまに飛んでいってしまった。このときは幸いランプに体がうまく着地したのが本当にラッキーだった

このときは自分がこの技を120%やる気を持って挑まなかったのが根本原因だと僕は思う


危険度(5段階):6

人生に投影
・仕事で何でもやります!と人事に言っておきながら、右も左も分からない部署に突然配属され、すっごい赤字プロジェクトの担当になってしまった。さらに会社の人、クライアントが話している言葉の意味すら分からない状態で、翌月自分が責任を取れと迫られてしまう
・まだ童貞でちょっと酔った自分にムラムラした年上の女性が、断ろうとする自分を口車に乗せ、あれよあれよりむりやりホテルに連れ込まれてファーストキスと童貞を奪われちゃった

6.想定外の失敗:自分でうまく行ったと思ったが自転車とトラブルでコケる失敗

どんなコケ?
自分は普通に乗っているんだが、自転車が突然壊れたり、自転車のどこかが引っかかったりしてコケてしまう
このようなコケの怖いところは自分が転ぶ寸前まで大丈夫だと思っているが、
突然自転車が壊れたりして心の準備がまったくできていなくて転んでしまうことだ
さらに首から上を打つと本当に精神的にも凹む


エアー中にハンドルがT−シャツに引っかかって顔を強打したコケ

これは想定してなかったコケで、空中でどうしようと思っていたがどうしようもできなく転んでしまった
このコケは本当に痛くて心が折れてしまった

下の映像は海外のものだが、階段を飛び降りたが自転車の前輪を支えるフォークが折れてしまい
そのまま顔面を強打


危険度(5段階):6

人生に投影
・10回告白してやっと付き合っくれた彼女が突然別れようと言われてしまった
理由をよくよく調べてみると、他の男が好きになっちゃったということだ
・やっとの思いで作ったPHPのプログラムが翌月にサーバーがPHP4からPHP5にバージョンアップされて自分のプログラムが動かなくなってしまい、滅茶苦茶怒られて首になってしまう
・気がついたらその月から会社の社長に流れでなっちゃったが、会社は大赤字で立て直すことがほぼ不可能な状態で経営責任を問われている


最後に

人間は失敗を通じて学ぶことが多いと思う
僕はあまり賢くないほうなので失敗から学び続けている人生を送っている
でも、ダメージの小さい失敗とダメージが大きい失敗があるよね
ダメージの大きい失敗は仕事、家庭では本当に最小限にとどめておきたい
だからといって挑戦をするのを辞めるということもしたくない
BMXで勝ち続けるためには挑戦をし続けなければいけなかった
だから僕が学んだことは新しいことに挑戦するときは、
やりたい技をいきなりやるのではなく、ゴールの到達点までを2,3段階に分けて挑戦をしていた
仕事、家庭でもこれは使える手法だろうね

また、失敗と戦略について学ぶのに下の2冊の本を買った
これから読むのが楽しみだ

失敗の本質―日本軍の組織論的研究-戸部-良一

戦略の本質