ape shit: クレイジーな様子

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウイークの前半にアメリカからScotty Cramer, Colin Mackay, Ryan Guttlerがデモをしに来て、最後に渋谷に宿泊していたので一緒に食事とカラオケをすることができた
Scottyが渋谷の様子を僕に説明するときに面白い言葉を使っていたから、紹介してみる

■Scottyと僕
scotty.jpg

ape shit
訳: とってもクレイジーな様子
言葉の直訳: 猿のうんち

予想する語源: 猿が興奮したり怒ったりすると自分のうんちを投げたりすることからできた単語だと予想する

例文

Scotty: Why all the people in Shibuya is going ape shit?
shoe-g: Oh this place is allways like this. Noboby is going ape shit.


Scotty: なんで渋谷の人たちはみんなクレイジーなんだ?
shoe-g: あ、スクランブル交差点のことね。いつもあそこはそうなんだ。誰もクレイジーじゃないよ

余談

Ryan, Colin, Scottyたち共に食事をしていただが、ダンサーの女性3人も同席していた
その中の1人が英語を教えて欲しいということで僕は下の1文を教えて言ってもらったら
ライダーたちみんなが大爆笑をしたんだ

教えた文章: I like big boner.
本当の訳: 私は勃起したおチンチンが好き

ライダーたちの大爆笑の様子を見ておかしいと思った彼女は自分に言った言葉の意味を聞いたら
ライダーたちは"boner"は”フレンドシップ”だよ、文章の意味は”私は大きな友情が好き”と言いながらさらに笑っていた
こんな遊びを良いながら外人のライダーたちとしてました。すんません

Ryan Gutller、僕とColin Mackay
colinryan.jpg

食事の後はカラオケに行ったんだが、そこで盛り上がったことをColinがHaro Bikesのブログに書いてくれている