潜在ニーズを発掘するためにエンタメを使うということ【生命保険の場合】

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

お仕事でライフネット生命さんのキャンペーンページを作りました
下のようにページではなかやまきんに君、鉄拳、もう中学生の3人が動画とWebページ上で出くる
3人ともネタと絡めてライフネット生命さんの伝えたいことを少し言っているんだ
lifenetkinniku01.jpg

では、僕なりに再度客観的に今回の物語を考えてみると

保険という商品の特徴

現在、生命保険の世帯加入率は87.5%らしい。
ほとんどの社会人が保険に入っているとのことだね
保険に入るきっかけはたぶん大きく下の3つのパターンがあるだろう

保険に入るきっかけ

1.社会人になってすぐに生保のおばちゃんの口車に乗っかり保険を買ってしまった
2.ソニー生命、プルデンシャル生命などの保険コンサルタントがあなたのライフプランを設計して納得の上で保険を買う
3.自分でもろもろ調べて共済、ネット生保も含めて比較検討した上で保険を購入

上の3パターンの人たちは既に保険に入っている人たちだね
僕は1と2の間で、僕が新社会人のときに男性の外資系保険営業マンに売りつけられた感じです(笑
1〜3以外にも生命保険を購入していない人たちもまだまだいるでしょう

僕が思うにライフネット生命さんの生命保険に魅力を感じる人の多くは1番と未購入の人たちなのではないだろう?
本当に僕の勝手な予想なので鵜呑みにしないでね
そして、ユーザーの特徴としては下の感じだろうか?

ユーザーの特徴

・生命保険について詳しく知らない
・将来年金がもらえるかどうか分からないし、将来のために保証が必要と無いよりはあったほうがいいと思っている
・自分にどれぐらいの保証金額が必要なのかよくわからない


ちなみに僕も生命保険については全然、素人なんだけどねww
そんな特徴があるのなら、下のような情報を提供するとユーザーに納得感を与えることができるのかもしれない

ユーザーに提供したらいいと思う情報

・よく分からない生命保険について分かりやすく説明、伝える
・保証される内容が自分に会っているかを伝える

このようなことをどこの保険会社もとっくに気付いて
営業マン、パンフレット、TVCMなどありとあらゆることで頑張っている


生命保険を買う理由って何だろう?

保険を別の言葉で言い換えると保証なんだろうね
何かデジタル ガジェットのように買う前と買った後にワクワクするものでもないだろう
でも、買って安心をする商品ではある
僕も自分の生命保険、医療保険、ガン保険、家の保険、自動車保険ともろもろ保険を買っていて
何のためかというと安心が欲しいという理由だ

保険を買ったときの情緒的メリット

・安心を購入できる


保険を買ったときの情緒的デメリット

・買ってもワクワクしない
・すぐに買う必要性を感じないため、きっかけが無いと買わない


上のことをまとめると

誰に

・社会人になってすぐに生保のおばちゃんの口車に乗っかり保険を買ってしまった
・生命保険未加入の人
に対して

何を伝えればいいのか?

・よく分からない生命保険について分かりやすく説明、伝える
・保証される内容が自分に会っているかを伝える

でも、すぐに買う必要も無いから積極的に買おうとしない
そんなすぐに買おうと思わない商品のことを知ってもらうには
まずユーザーの注意をひくことが大事だろう
それで、今回の芸人へのアプローチは一つの打ち手としてはいいんではないだろうか?!


芸人を起用するメリット

芸人のもっている要素は下の3つだろう

お笑い芸人の持つ要素

・トーク力、プレゼン力がある
・人気者である
・エンターテイメントである

2番目と3番目はちょっと重なる部分もあるが、それは許してね

芸人が出るということで、難しい話ではなく、簡単で面白い話をすることが容易に連想される
内容も説明ではなくネタを行えば実際にユーザーが内容を楽しんでくれる
そして、今回のライフネット生命さんのことを知るきっかけ、潜在ニーズを発掘することができるかもしれない

金融商品のような難しいことを分かりやすく伝えたいというニーズに、芸人を使うというのは一ついい方法だと思うんだ

ライフネット生命さんは斬新なことをガツガツとやっていて、その中の一つとしての今回のキャンペーンページがある
今後のこのページに対してのユーザーからどんな反応があるのかが楽しみだ

ライフネット生命の担当の方がスタッフブログにどのような想い、狙いで今回のことをやられたのかが書いてありますよ
よかったら読んでみてください
ここです⇒吉本プロモサイト立ち上げ日誌

AMNさんでもブロガーイベントを行い、ライフネット生命の出口社長と岩瀬副社長が熱く話しをしたみたいです
出口さんと一度飲んだことがあるのですが、出口さんはとても素敵な方です
彼らの考えた生命保険のあるべき姿を実現しようとライフネット生命を立ち上げチャレンジしている
その想いがあってか最近保険料の内訳を開示した
あらゆることにチャレンジしている保険業界の中でのダビデとゴリアテのような存在なんではないでしょうか


実際に見積がWebでできるのが面白い

ライフネット生命さんのページですが、さすがネット専用ということあり
その場ですぐに見積を作ることができる
下の画面のように生年月日、生命保険、医療保険の内容を選ぶだけで数字が動くのが気持ちよかったりする
生年月日などを順番に選択していくと、数字が気持ちいい感じで変化していく
クリックすると見積画面に行って体験できるよ
lifenetestimate.jpg

よかったら自分の見積を作ってみてはどうでしょう