Joe Richのお仕事インタビュー一流ライダーで経営者【後半】- Joe Rich Interview Part 2/2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Terrible Oneの経営者で超カリスマライダーのJoe Richの前半インタビューに引き続き後半をお届けします
今回は前半よりも深い内容になっています。楽しんでください
joe_1ftseat.jpg
photo by: John Povah

質問: 何が自分のビジネスを続けるためにやる気にさせるの?辛い時期を乗り越えられるぐらい What motivates you to keep running your business even going through hard times?

モチベーションは僕を囲む全てのものから来るよ。人生。
どんな日のどんな数ある物事からもインスピレーションを描けるんだ。
なぜ僕らはなにかをするの?
それは努力する価値があると感じられる何かがあるから、なんか気持ちいいことがあるからだろう。
時にはそれはメールを受け取るのと同じくらい簡単だったりする。
もしくは、コーヒーショップに座って誰かが人生について語っているのを聞いて、それが次に自分の人生をじっくり考えさせることになって、それって感謝すべきことだよね。
また別のときは、僕は本当にT1でやりたいことをやっているかと考える。
もしやりたいことをやっていないのなら、幸せなことじゃないよね。それは自分自身の過ちだよ。
T1の一員であることが、自己について定期的に考えるきっかけにいつもなっている。
自分自身に正直でいる限り、自分について考え続けることができると感じているんだ。

My motivation comes from all that is around me. Life.
I can draw inspiration from any number of things on any given day.
I mean, why do we do anything?
Its because there is something that feels like its worth putting the effort in. Something that feels good within.
Sometimes it can be as simple as an email I get.
Or I can be sitting at the coffee shop listening to someone else talk about their life and that in turn makes me reflect on mine and all that I have to be grateful for.
And other times, I think about how I can really do anything i want to with T1.
So if I'm not doing what I want, or I'm not happy. Its my own fault.
Being a part of T1 has always made me self reflect on a regular basis.
I feel like it keeps me in check as long as I'm being honest with myself.
joeinvert2.jpg
photo by: Jeremy Infelise


質問: 5年後の自分がどうなっているかビジョンはある?ビジネスの面と、ライダーの面と。
What is your vision after 5 years in your business side and bike rider side?

うーん、今から5年って結構先だよね。
でも僕次第だったとしたら、こんな感じだと想像したいよ。
車よりもむしろまだ自転車で街を横切っていたいと思うよ。
ボールのコーナーを曲がることは今よりももっと気持ちいいものであってほしいと思う。
僕にとっての進歩は、より高く飛ぶこと、より着地がスムーズにできること。
今から5年後も同じことを考えていたら、うまくやってるんじゃないかな。
仕事では・・・ハハ。仕事に関してはたくさんのアイデアがあるよ。
T1にはそのいいフィーリングを持ち続けてもらいたいな。ハッピーでいられることをやっていたい。
自分たちが感じることを作ることはいい、世の中にいい価値を付け加えていることだろう
また、BMXカンパニー以上のものに進化させたいとも思う。
自分の住む町、オースティンを中心としたものになって欲しいね。
T1が今よりももっとクラブハウスっぽくなったらきっと楽しいよ。
いいアイデアを持った素敵な友だちたちを雇える事業を持っていたいともすごく思うよ。
そしてT1はそんなアイデアを実現させるハイウェイとなるんだ。
たぶんT1には異なった部門ができるんじゃないかな。
BMX以外の自転車を作る部門と、おもしろいイベントをオースティンでやる部門と。
こんな夢もあるんだ、オフィスの一部を改装してスムージー/ジュースが買えるお店を作るんだ
僕達がやろうとしているどんなことも、誰かの人生をほんのちょこっとだけでも向上させることになればいいなと思うよ。ハハ。


Hmmm, 5 years from now is a long time away.
But if it were up to me, this is what I'd like to imagine it would be like.
I'd like to think that I'd still rather ride my bike across town than drive my car.
I'd like to think that carving a bowl corner will always feel as good as it does to me today.
Progression for me now a days is about going higher and landing smoother.
If I'm still on that track of thinking 5 years from now, then I'll be doing ok.
Business wise .. . . ha ha. I got a lot of ideas for that.
I'd like T1 to still have that good feeling.
I'd like for us to be doing things that we are happy about.
Making stuff that we feel is a nice addition to everything else that's out there.
Also, I'd like to progress to being more than just a BMX company.
I'd like for it to be more of a mainstay with where I live in Austin.
It would be fun if T1 was even more like a clubhouse than it is now.
I would love to have the means to employ friends that are good people and have good ideas.
And T1 would be the highway of making those ideas realities.
Maybe there would be different diviisions of T1.
Making different kinds of bikes, doing fun events in Austin,
I have this dream of closing off a small part of the office and having a walk up smoothie/juice window.
I like thinking that whatever we would be doing, it would be improving someones life even if by a tiny tiny bit. ha ha.
joe_sergio.jpg
photo by: Keith Mulligan


ビジネスの拡大プランはある?
Do you have any expanding plan in your business?

拡大はどんなときにだってあると思うよ。
いたってシンプルだよ、新しい製品を作ることとか、ウェブサイトに新たに追加することとか、もしくは今まで考えもしなかった新しい考えを思いつくこととか。
そんなこと全ては1つの道につながっているよ。思うに、拡大は過ぎ行く毎日の中で常に起こってる。
T1でやりたい新しい製品があるし、作りたいビデオもある、また別のzine(雑誌)も作りたいし、T1ランプの楽しい一時も増やせたらいいな。
本当にたくさんあるんだ。それと、先の質問の答えで話したようなものもあるし。たくさんのことが可能だよ。

I guess expansion can come at any time.
Its as simple as doing a new product, or adding to your website, or thinking a new thought you never have before.
Its all relavent in a way. I guess for me, expansion is always happening with each day that passes.
I have new products I want to do with T1, I have a new video I'd like to make, I want to do another zine, add some more fun times on the T1 ramp.
There's a lot really. And then there is stufff that I talked about in the answer above. So much is possible.
joe_cornerair.jpg
photo by: Tyrone Bradley

質問: BMXプロライダーを夢見ている読者に対してメッセージをお願い Any messages to the readers who ride BMX and dreaming to be a pro?

うーん、アドバイスするのが難しい質問だよね。
どうしてかって、アドバイスすることを今まで考えて乗ってきてないからね
僕に起こった全てのいいことは、ただ起こったってだけのことだと感じているんだ。
初めてやり始めたとき、あらゆるデカい自転車メーカーたちは彼らの主催するサマーツアーをやっていたよ、GTとかHaro、Skywayとか・・・。
それはね、数チームのライダーたちが一斉に車に乗り込んで、トレーラーを引っ張り回し、そのトレーラーはクオーターパイプをひらけるものだったんだけど、ショーをやりにいろんな街に来るというものだったんだ。
フラットランドもたいていあったよ。僕がいった初めてのやつを思い出せるよ。
当時はBMXのバイクに乗っていなかったんだ、それまでは土でコブを作っては飛んでたけど。
どういうことかと言うと穴を掘って、その前に土を持ってリップを作るんだ
リップは僕達が掘っただけの穴を飛びたかったからさ!
1987年だった、僕はスケートボード片手にショーに行ったんだ。
クワハラのショーだった。ガブリエル マロキンっていう名前の人物がいて、クオーターパイプをぶっ飛んでたんだ。
その日、僕の全てが変わった。
自分はこう思ったんだ"あの人はあんなに飛んで最高にクールなものを感じているに違いない"と。
そんなことが僕を乗りたくさせたんだ。
毎年違うツアーが街に来たんだけど、それは僕がバイクでやってたことをもっともっとやるぞという気に僕をかき立たせた。
僕にも彼らのレベルに届く可能性があるなんてこれっぽっちも思ったことはなかった。
僕はあの人たちをスーパーヒーローのように思ってた。
時が経っても僕は僕のしていたことをし続けていた。
僕はもっともっと乗った。もっと上達し、もっと楽しんだ、友だちもたくさんできた。そんなことが発展し続けた。
いつの間にかライディングがある程度のレベルまでいっていたようだった。
そしてある日、僕はしょっちゅう乗っていられるだけのお金のオファーをもらったんだ。
その時はBMX市場は小さかったんだ、それで生涯生計を立てていくなんて希望は何1つ持ていなかった。
僕はただとても楽しんでいた。
仕事は与えられた分だけやって、終わったらとっとと乗りにいっていた。
通常、一般の人には、いつになったら成長するんだって聞かれたよ。
でもそれにはいつも笑わされちゃうんだ。
だってもし成長ということが僕の大好きなことをやめなきゃいけないってことだとすれば、誰がそれをあきらめたがるっていうの・・・。
でも今は、状況が違うよね。
ライダーたちはバイクに乗ることで本格的なライフスタイルかつ生計を立てられるようになった。
文字通り一晩にして人生を変えられる外部のスポンサーたちがいるからね。
僕が当時乗っていた環境とは別の要素があるよね
僕が言えることは、君ができる限りやっていることを楽しんでってことだね。


Hmmm, I guess this is a question I have a hard time giving advice about.
Mainly because its not something that I ever even considered myself when I grew up riding.
I feel like all that good that happened for me, just kind of happened. When I first started out, many of the big bike companies had summer tours that they put on.
GT, Haro, Skyway . . . . That meant that a few team riders would pile into a vehicle, haul a trailer around, that was also a fold out 1/4 pipe, and come various towns to do a show.
Usually there was flatland too.
I can remember back to the first one I ever went to.
I didn't ride BMX bikes at the time although I had built and jumped a few dirt bumps before.
By this I mean that we'd dig a hole and get the dirt to build a lip.
The purpose of the lip would be so that we jump the hole we just dug!
It was 1987 and I actually went to the show with my skateboard in hand.
It was a Kuwahara show. And there was this guy named Gabriel Maroquin that was just blasting the quarter pipe.
Everything changed for me that day.
I thought to myself, " that guy must feel the coolest things way up there ".
And that's what made me want to ride. Each year a different tour would come to town, it just got me more and more stoked to go do what I did on my bike.
I never EVER thought that reaching their level was even a possibility for me. I thought of those guys as if they were superheroes.
Time went on and I kept on doing what I was doing. I rode more and more.
I learned more, had more fun, and made more friends.
And those things just kept escalating. Its almost like I got to a certain level with riding before I even knew it.
And one day I got offered money so that I could ride all the time.
Riding was small back then, and there was no real hopes of ever making a living off of it.
I was just having so much fun.
Working a job was just a given, and I'd go ride when i was done.
Usually other people would ask when i was going to grow up.
But they always made me laugh to myself.
Because if growing up meant that I had to stop doing this thing I loved so much, then why would anyone want to give that up. . .
But today, that's not the case.
People can make a legit lifestyle/living off of riding their bikes.
There are outside sponsors that can literally change your life over night.
So that brings an element to riding that I never really grew up with.
All I know how to tell someone, is to enjoy what you do as much as you can.

joe_pooldrain06.jpg
photo by: John Povah


自分の解釈/My impression

このインタビューを読んで僕が感じることはJoeはいつも物事の本質を見ようとしている人だと思う。
いつも人よりも深かったり、違って視点でも物事を見ていて話しているのが面白い
そんな人としての深みがあるから深いライディングをするのかもしれない

また、Joeはあまり欲があるようにも思えなかったりする。世の中に貢献しようとしていたり
何か他の人たちが楽しいと感じること、価値を感じることをしたいようにも僕は思える
今回のインタビューの行うためにメールで何回もやりとりをしたが、そんな印象を再度受けた
そして、今回のインタビューでJoeは自分の本音をさらけ出してくれたことを本当に嬉しく思う
Joeが多くの人を惹き付けるカリスマ ライダーで居続けているのは彼の人間性が根本となっているのだろう
人として良いやつだから、みんなJoeのことが好きということと、
自分のライディングの上達に対して強く執着し実行し続ける強い心があるからだと思う
彼のマインドがあるからいいライダー、ビジネスマンという結果が出ているのだろう

First I deeply appreciate Joe answered this interview.
From his interview I felt that Joe always sees the essence of the facts, not the surface.
I believe that is the key point to every skills( ex. solving, learning, thinking)
Also I got an impression that Joe is not greedy. His mindset is positive , eager to grow & learn.
I surmise it comes from his bike riding attitude that he've been riding for 22years.
Joe is a very positive man that you can feel the shining ray from his ora when you meet him.
That positive effect might come from his mindset that he cultivated through BMX and everything from his life by trying to progress & see from the essence of every facts.

I felt Joe really speaks from his heart for this interview.
I really felt it. and I believe that makes his answers are touching.
I guess the confidence in himself enables him to speak from his heart even for my interview.

I've felt so lucky and happy by reading his interview and I hope you felt the same.


関連Webサイト:Joe Rich Related Website

terribleone