Joe Richのお仕事インタビュー一流ライダーで経営者【前半】- Joe Rich Interview Part 1/2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお仕事インタビューを始めた当初からインタビューを掲載したかったライダーの1人が今回のインタビューを受けてくれたJoe Rich
今回、彼のインタビューができてとても嬉しいし、Joeもたくさん返事をしてくれたので、2回に分けて掲載をする

Joe Richの紹介

昔から人気者でカリスマ的存在のライダーである
世界のBMXシーンでMat Hoffman, Jay Mironのように大会を中心に大活躍するメインストリーム ライダーではなく
どちらかというと、ビデオ、雑誌で活躍するライダーだ
でも、すっごく人気があるJoe Richが行う技、行動には多くの注目が集まる
そんな人気者のJoeはもう1人のカリスマ人気者ライダーのTaj Mihelichと2人で自転車メーカーを立ち上げた。その会社がTerrible One。略してT1言ったりもしている
今回のインタビューではT1のことも書いている

■2007年にEtniesよりリリースされたビデオ”Grounded”でのJoe Richの映像

Joe Richと僕の関係

僕がJoeと始めてあったのは1995年の夏、オクラホマ州で開催された大会で出会った
僕はJoeと会えて嬉しかったし、前評判ではとてもフレンドリーな人と聞いていた
さらに、僕はラッキーなことに彼と会う前に彼が僕をビデオを通して知っていたため、すぐに仲良く慣れた
その後も大会、イベント、メールを通して会っていた。
Joe Richが素敵なのは、ちょっとしたことでも深いことを言うんだ
今回のインタビューでも彼らしいことをたくさん答えてくれている
是非とも彼のインタビューを何度でも読んでみてください
joepoolside.jpg
photo by: Jessica Hildreth

Joe Richのお仕事インタビュー

質問: 自己紹介とBMXでどんなことを成し遂げてきたか教えて Please introduce yourself and tell us what you have accoumplished with BMX.

名前はジョセフ ノース リッチ かれこれ21年間自転車に乗っている。
BMXで成し遂げた一番大きなことは、長く乗ってきていればいるほど、あらゆるステップを楽しめるようになったことだと思う。
素晴らしい時はいつだってケガを伴っているけども。そんなこと全てが僕に何かを教えてきてくれたよ。
今だってそうなんだ、僕はまだもっとやりたい。それってエキサイティングだよ。

My name is Joseph North Rich. I've been riding a bike for 21 years now.
I think my biggest accomplishment in BMX is to have been riding for as long as I have, being able to enjoy every step of the way.
All of the amazing times along with the injuries too. It all has taught me one thing or another.
Even at this point that I am at now, I still want to do more. Its exciting to me.
joe_home.jpg
photo by: Sandy Carson

質問: 自分でビジネスを始める前は何をしていたの? What did you do before you start your own business?

実は、T1を始めたときに僕達はオースティンに引っ越したんだ。
それより前の2年はただライディングの巡業をしていたよ。
さらにそれより前は、ペンシルバニアのベスレヘムのバイクショップで働いてたよ。

I actually just moved to Austin when we started T1.
I had been just traveling and riding the 2 years prior to that.
But before that even, i was working in a bike shop in Bethlehem, Pennsylvania
joe_april.jpg
photo by: Chris Hallman

質問: プロBMXライダーでいながらも、どうしてビジネスを始めようと思ったの? What made you start your business besides riding BMX as a professional rider?

97年夏ウッドワードで、みんなが僕とTajで会社始めろってうるさかったからさ!
ハハ、違くて、Tajと僕は偶然にも97年の5月にそれぞれのスポンサーをやめたんだ、会社をやろうとか全くなんのプランもなしにね。
僕達は2人ともそれぞれのスポンサーに違和感を持つようになってた、それは僕達の頭に同時に浮かんだんだ。
あの夏一緒に仕事するためにウッドワードに行って、そこで考えが浮かんだんだよ。
時が経つにつれて、なんだかんだうまく収まった。そんで突き進んでったよ!

Kids yelling at me and Taj to start a company when we were at Woodward in the summer of 97 !
ha ha, no really, both Taj and I had coincidently quit our separate sponsors in May of 97 with no plans on doing a company at all.
We both had differences with the companies we each were riding for, and it came to a head for both of us at the same time.
We went to Woodward to work that summer together and the idea came when we were up there.
As time went on, a few more things fell into place. So we went with it !
joe_5.jpg
photo by: John Povah

質問: 自分でビジネスをするいい点を3つ上げてみて What's the good point doing your business? Point out 3 please.

いいところね、、えーっと。第1に、アイデアを立てることとそれを実現するためにステップを踏むことだね。
それは本当にエキサイティングなことだよ。
アイデアがあったら、それを実現するためにいっぱい働くことができるよ。
それがTシャツのデザインだろうと、フレームだろうと、zineだろうと、ビデオだろうと。
結果へと続く道の過程が最高なんだ。それが大好きなんだよ。
2つ目に、T1を通して素晴らしい人たちと会ったり話したりしてきこと。
みんなT1でやってきたことと関係のある人たちなんだ。
時にはそれはメールだったり、あるいは直接僕に会いにくる人だったりする。
すごいことだよね。
3つ目は、僕らのフレームでライディングしたり、Tシャツを着たり、車にステッカーを貼ってる知らない人と出くわすこと。
これにはいつもちょっと驚かされるよ。いつも1人で思うんだ、"おい、俺達がやったの超クールだね"って。

Good points . . . lets see. #1, getting an idea and taking the steps towards making it a reality.
That's really exciting for me.
Once you have an idea, it can take a lot of work to make it happen.
Whether it be a t shirt design, or a frame, or a zine, or a video.
The process in route to the end result is the best. I love it.
Also, all of the amazing people I've gotten to meet and talk to just because they could relate to what we were doing with T1.
Sometimes its a random email, other times its someone coming up me in person That feels amazing.
And also, seeing people you don't know riding a frame, or wearing a tshirt, or having a sticker on their car.
It always takes me by surprise a bit.
I always think to myself, " Damn, its pretty cool that we decided to do this "
joesoul1.jpg
photo by: Keith Mulligan

質問: ビジネスを続けていくにあたって厳しいことを教えて。 Please tell me about some hard times during running your business.

そうだね、こういうべきかな、一番僕にとって厳しいことは常に収支を合わせていくこと、つまり、Terrible Oneをビジネスにさせることだね。
他よりもいい取引をする時も確かにある。
でも、それは僕の最も大きな問題の1つでもありうる。
正直、僕はビジネスをどうやっていくかという点に欠けているんだ。
インスピレーションがあふれ出て全てのトップだと感じるときもある、必要とあらば。
するとその間何かが崩壊して、そのスパークを失う。
僕にとって、T1を人生でやっていくということは、常にそのことを心の一部に留めておくということなんだ。
でも、気付かないうちになくなっている可能性もあるんだ。
こういった混乱が考えることから僕を遠ざけさせているように感じる。
たった短い期間でさえも。ほんの少しの期間そこから離れるだけでも、プロダクティブ・モードにどうやって戻ればいいのかわからなくなってしまう。
だって、常にT1のことを考えるっていうどこまでも続く道からの解放でもあるからね、いい気分だよ。
僕は自分のことビジネスマンだとちっとも思わない。
僕にはそのような才能がないんだよ。全然ダメダメなんだよ。
そして、ここ3年かそこらは、自分自身で日々の経営をやっているんだ。
言うまでもなく、僕もまだライディングでスポンサーからの収入を得て生計を立てていた。
だから内なる葛藤にこれまた苛まれた。どちらの側にも100%を与えられていないって思った、もう一方が存在するわけだからね。
T1での仕事が多いと、スポンサーについてもらうだけの義務を果たしていないと感じたし、ライディングでしょっちゅう外に出ているときは、T1を無視しているように感じた。
悪くはないってわかるんだけど、でもそれは毎日僕を引き裂いた。何が解決方法なのかわかったためしがないよ。

Well, I would have to say that the hardest thing for me has always been balancing out the parts that, do in fact ,make Terrible One a business.
There certainly are times when I deal with it better than others.
And that could be one of my biggest problems too.
That fact that I'm inconsistent with how I run the business.
I hit spurts of inspiration and I feel that I am on top of everything I need to be.
Then something will disrupt that period, and I lose that spark.
For me, having T1 in my life, means that there are parts of it that are always on my mind.
And that can be draining without even realizing it.
I feel like the disruptions that I talk about, are things that take me away from thinking about it.
Even if only for a short period of time.
But even being out of it for a short period, can make it hard to figure out how to get back in that productive mode.
Because its a break from that constant way of always thinking about this , it feels nice.
I don't feel like I am a business man at all. Its not something that's in me.
I'm quite shit at being one. And for the past 3 or so years, I've been on my own when it comes to running it day to day.
Not to mention that I was also still making my living from sponsors I have for riding. So that inner struggle hurts as well.
I would think that I couldn't give 100% to either side because of the other side that existed.
When I would work a lot on T1, I'd feel that I was not meeting my obligations for being sponsored.
And when I'd be out riding all the time, I'd feel like I was neglecting T1.
I know it may not sound bad, but that would tear at me every day.
I can never quite figure out what the solution is.
joe_brake_tabewide2.jpg
photo by: Sandy Carson

インタビュー後半を見る
[Access the 2nd part of the interview]


関連Webサイト:Joe Rich Related Website

terribleone