海外ドラマが好きな理由と新番組DEXTERについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月曜日に始めてAMNのブロガーイベントに参加してみた
今回はパラマウントジャパンさんにお邪魔しました
そして、なんと社内の試写室で映画館のような雰囲気で新ドラマ「DEXTER(デクスター)」を見たんだ

■試写室内の様子
KC3A0003.jpg

■DEXTER(デクスター)の登場人物たち
dex01.jpg

これを一つの機会に海外ドラマ大好きな僕は現状の海外ドラマ市場と視聴者について考えてみた

海外ドラマ市場は競合がたくさん

下の分類は僕が適当にしているだけなんだ、何も定量的なデータは無いです

現在の有名な海外ドラマと言えば

・24
・PRISON BREAK
・LOST
・HEROS

次に知られているものは

・デスパレートな妻たち
・OC
・Lの世界
・4400
・BONES

TSUTAYAとFOXチャンネルが好きな僕でもネットで検索しなくても、このようにすぐ出てくる
今、海外ドラマだけを考えても競合となる海外ドラマがたくさんある
その中で新ドラマが日本に上陸したところで気いてくれる人はあまりいない
どのようにしたら多くの人に知ってもらうことができるのだろう?


海外ドラマが好きな僕の欲求

では、海外ドラマが好きな僕はどんな欲求を持っているんだろう?
自問自答してみると下のような欲求が出てくる

1.英語が好き得意、またはさらに英語が得意になりたい
2.現実逃避して、ワクワクしたい
  舞台は日常だが、内容は非日常的な内容が多く、それが面白いと思うから
3.ワクワク、ハラハラが好き


DEXTER(デクスター)を見て

DEXTERの紹介はパラマウントのDEXTERのページを見てみてください
dex02.jpg

見終わった感想

第1話をパラマウントピクチャーさんの試写室で見終わったときは、早く続きが見たいとなってしまう
そして、今でも見たい!と思っている
第1話を見て完全に自分がハマってしまいそうなのが分かる


面白いと思う要素

主人公のDEXTERは警察官でありながら、殺人をしているという
相反する2つの顔を持っているところが最初のウリなんだろうが
見るともっと奥が深いことが感じられる
僕がDEXTERの第1話を見て感じた要素を下の式に並べてみる

DEXTER = 知的(警察官の血痕専門鑑識官として超優秀)  ゆがんだ欲求(殺人欲求と恋愛へは不感心)+ 人間関係(回りの人、殺人犯とのやりとり)

知的、ゆがんだ欲求、人間関係の3つの要素が面白いバランスで絡み合って面白いDEXTERの世界観ができているのだと僕は感じた

dex03.jpg

新海外ドラマを新たに知ってもらう方法

DEXTERの内容を見ると他のドラマよりも過激な部分があり、主人公は頭脳明晰で冷静に物事を考え行う用意周到さが面白く、ハラハラ、ドキドキさせられる

海外ドラマ好きの僕の欲求の2と3を完全に満たしてくれる。
僕と似た趣味趣向の人ならDEXTERにハマるだろう
あとは他の競合ドラマがひしめき合う市場で、どうやってDEXTERを知ってもらうかが勝つためのポイントになるんだろうね

さまざまな打ち手が考えられる、実際の海外でのPRはJUNKWORDさんで紹介している
何か新しいドラマについて知るきっかけが必要だ

今までみた海外ドラマのPR

・借りたDVDにおまけとして新作ドラマの第1話が収録されていて、それを見る
・TV、ネットで予告編を見る
・レンタルビデオの店頭で見た
・雑誌で見る
 今週、発売されている海外ドラマ特集のNEWSWEEKにはDVDが付属されていて、DEXTER第1話が見れるよ
・噂で聞いた

こんな試みはどうだろう?

今までのPR方法はたぶん行うのかもしれないから、例えばネットのブロガーを使ったPR方法はいい試みなのではないかと思う
DEXTERの殺人と知的な部分を掛け合わせたブログパーツを作るのはどうだろう

一つの機能としてはブログパーツをブログに貼付けると、ブログを血で染めてバラバラにさせられる
もっと深く考える必要がありますが、何かのチャンスがあれば深堀りして考えてみたいな


■おみやげでDEXTER DOLLをいただきました
dexdoll.jpg
パラマウントさんありがとうございます

面白いブロガーイベントに参加でき非常に幸いです
また、面白そうなイベントに参加してみよっと