BMXショップを自ら開くということ【吉祥寺のニューショップDel Marの場合】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学1年生のときから一緒にBMXに乗って遊んでいた友人がBMX・ピストのショップをオープンした
彼の実家の建物を建て直し、その1階をショップにしたんだ
ショップ名はDel Mar
ブログ
もあるので、よかったらチェックしてみてね

delmar01.jpg
店長の中田と僕

そんな幼馴染がショップを開いたから、どんな思いがあるのかを聞いてみた
以下に軽いインタビューを掲載するね

BMXショップを自ら開くということ

自己紹介とBMX歴、BMXとの関わりについて教えて

※中田 一弘 (ナカダ カズヒロ)
1972年4月13日 36歳

BMX歴は24〜25年?かなりのブランクがあるし全くうまくないけどね。

BMXとの関わりは、幼いころからモトクロスがすごく好きだった!
本当にたまにTVでやっているモトクロスを見ては、当時乗っていた普通の子供用自転車を改造して
(皆やってきたと思う?!泥除けを外したりするやつ)近所の公園を走り回っていたんだ。
少したつと、吉祥寺のセイブスポーツって中の自転車屋さんに「BMX」がディスプレイされているのを見たんだよね。
なおかつ近所にBMXを乗っている人がいて、たまに見かけていた!
近所でBMXを乗っていたのは通称「コンちゃん」って呼ばれていた松田こん(字がわからない)さんって人だったよ。
自分でお年玉なんかためたのでBMXを買って乗っていたらそのコンちゃんともお友達になり、その人伝いでBMX友達も増えたよね。

当時は永福町に「ファースト」ってお店や。新代田に「ワイルドキャット」もあって良く遊びにいっていたんだ。
その昔、吉祥寺にもフリスビーとBMXを両方扱っていたお店もあったかな。

で近所の公園でまた知り合った人がいて今でも仲良くしてもらっている友人がいて、またお店を教えてもらってそこから仲間も増えたよ!
吉祥寺の自宅前の通りで皆で乗ったりしたよね。

かなり思い出してきたら沢山ありすぎて長文になるから大変だけど、そこからいろいろと始まっています。


どうしてお店を始めようと思ったの?

前に毎日行っていた仲間が集まるお店があったけど今はなくなってしまったんだ。
でも友人とはBMXに乗ったりアウトドアをしたりとつながりはあって、そんな皆が集まれて、楽しくできてBMXがもっと
広まっていろいろな人や沢山の方にもっともっとBMXを知ってもらえたらなと思って、ブランクはあいたままだけどお店を始めたんだよね。


お店を開くにあたって大変なことなどあると思うんだけど、どんなこと?

自分のお店は本当にありがたい事に自宅でやっているんだ。
でも当然、資金を作る事は大変な事だよね。

それと、今回のお店を作るにあたってブランクのあいたままだから、友人の協力に物凄く助けられました。
こんないきなりお店やりますっていった自分にアドバイスをくれたりとここでは書ききれないぐらいのことがあります。
こんな自分に協力してくれた友人には本当に本当に感謝していますよ。

お店の内装はほとんど出来ていたけど、そこからの店内の工事も少しやったりとそれも大変?だったかな。
これも友人の協力なしでは出来なかったね!
こちらも感謝しっぱなしです。

その大変なことを乗り越えるための原動力となっているものはある?あったら教えて

お決まりの答えかも知れないけど家族や友人の協力がなければ自分は物凄く小さかったよ。
原動力は、友人の絶大なる協力!家族の協力!それに彼女の支えもあるかな!
こんな事を行って弱い事を言ってしまうかも知れないけど、みんなの協力があってこそ出来上がったお店だね!!
皆様、感謝しております。


どんなお店にしていきたい?

さっきも書いたかもしれないけど、BMXをやっている人、これから始めたい人、
昔やっていたけど、また乗りたくなった人、BMXに興味を持っている人持っていない人、
(例えば彼氏が乗っているけど彼女は今回ついてきただけとか)
どんな人が来ても楽しくなってくれるお店にしたいかな!
もう思うことは沢山ありすぎて言い切れないけど、気軽に立ち寄れるBMXショップにしたいね!
昔はBMXショップの匂いってあったように感じるんだけど自分だけかな?
そんな匂いのするお店と、丁寧なアドバイスやウソをつかないお店。
知ったふりをするのは嫌です。
なので皆さんから吸収する事も沢山あると思います!
みんな教えてね!
古い事は逆にこんなだったよ!なんて教えられるかもね!


Del Marが自慢することを教えて?

うん実はオールドパーツなんかが何気にあるから、これから販売はしないけどディスプレイしていこうと思っています!
フレームやパーツ、雑誌なんかもね!
今でも少し置いてあるけど、もう少し増やして行こうかな!
懐かしい〜って思ってくれるような方や、古いパーツなんかを見てカッコいいって思ってくれる最近の方まで楽しめたら良いな!
是非、遊びに来てくださいね!

最後に、今回お店をオープンするにあたって、ご協力して頂きました皆様へ
本当に感謝しております。
感謝してもしきれないほど感謝しております!
この場をおかりして御礼を申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。


僕の解釈

僕の目から見る中田の素敵なところは、必要以上にかっこつけないこと、虚栄を張らないこと
それでいて、地に足がついているところなんだ
だからとても付き合いやすく、本音で話し合える友達だと思っている
彼がお店を開いて、これから運営していくに当たって、上のインタビューと昔から彼のことを知っている友人を稲盛さん人生の方程式の3要素で分解してみて分析してしまった

・能力
小学生のころからBMXをいじっているだろうから、基本的な整備、組み立ては全然問題なくこなすだろうね
当然僕よりもうまいから、これ以上は何にも僕は言えないです
また、能力に足りない部分があれば、それは補えばいいことなので全然問題でもないだろう

・情熱
もうBMX、自転車と20年間付き合ってきて、まだやろうとしている中田にとって情熱がないわけないだろう
燃え上がるような激しい情熱の炎が感じられなかったとしても、長い間恒常的に燃え続ける情熱の炎を持っていることは確かだ
商いを行うためには飽きないことが大事な一つのポイントであるため、恒常的に情熱を持つことは重要なポイントだろう 

・考え方
中田のインタビューを読んで感じるとおりお店を行うのは私利私欲のためではなく
吉祥寺という地域に自転車を共通の価値として持った人たちのコミュニティーを作りたいという願いがあるだろう
それは今までそのようなコミュニティーがあり、そこからたくさんのことを学び、楽しんだことを恩返したいという思いが根本にあるのだと僕は感じる


 お店を開くためにあたっての資源(人、物、金、情報)を集めるのにちょっとした苦労があったみたいだが、中田本人の情熱で資源と運まで集めていったんだろうな
これからのお店経営が楽しみだし、僕個人としてはお店に行けば友達の中田に会えるから楽チンだな