伝わりやすい図を作るのなら、この本を参考に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

たぶん、ほとんどの仕事に共通して必要なベーシックで深いスキルが2つあるだろう

「考えること」

「伝えること」

今日は「伝えること」を助けてくれる本を紹介させてね

伝える手段としてはさまざまな方法がある

言葉(対面、電話...)、文章(手紙、メール、FAX...)、資料(文字、図、絵..)、

仕事、視点、役割が違うと言葉だけで共通認識を取ることが難しくなっていく

なので、そんなときは絵、図が強力な手段の一つとなる

で、言いたいことが伝わりやすい図の作り方を解説している本がある

マッキンゼー流図解の技術
mccinseybook01.jpg

前半はグラフの作り方、さまざまテンプレートがあるので実践的だよん

後半はメッセージを絵にすることを書いている

文章でダラダラ書くと読み手に充分伝えたいことが伝わらないケースがよくある

そんなときに絵をつけると伝達がよりスムーズになったりする

読んで損はない本だと僕は思ったね

企画書などをよく書く人は一読するといっかもよ