プロライダーのバイクインプレッションは信頼できるのか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は長い間スポンサーさんから自転車を始めとしたもの、いろいろ提供いただいています

自慢に聞こえたらごめんね

で、提供していただいている変わりに宣伝をする・露出をするということをスポンサーから求められるよね

世の中Give and Takeだからね

だから、『この自転車いいよ!』とか『この靴いいよ!』などと単純に言ったりすればいいのだろうか?

でもさ~聞いているほうもアホじゃないから

僕が『今の自転車はいいね!』なんて言っても

僕が聞き手だったら『そりゃ~そうだろう、お前のスポンサーを誉めるのは当たり前だろう~』ってね

でも、言っているライダー本人が心からいいと思っているのならいいと思うんだけどね。

ってことでなぜプロライダーの自転車がいいのか

そして僕がなぜMacneilが好きなのかを整理してみた


プロライダーの自転車がいい理由:

  • いつもかなりハイスペックな最高の自転車に乗っているのでいいに決まっている

    今のフレームはBibiで2kg、自転車の総重量は10.7kgと軽いし丈夫でもある
    自分でもかなり満足している自転車へと仕上がっている
    さらに自転車もGlaxyの友村氏がメカニックとして面倒を見てくれているので相当いいセッティングになっている。
    だから、最高にいい自転車ができのは当たり前だよねwww
    なのに僕はフロントフリップなどの無謀な技に挑戦して自転車を投げちゃっているというもったいないことをしている

  • プロライダーは自転車が自分がセッティング(位置など)になっていれば何でも乗れる

     これは全てのプロライダーに当てはまるかどうか分からないが、僕に限っていうと
    自転車のフレーム、パーツの細かいことが変わっても同様のライディングができる
    ただ、自分好みのセッティングがあるから、それはちゃんとやる
    そして、自転車のスペックもある程度いいものならどんなフレーム、パーツでも乗れる
    それがプロライダーと言うものだとも思う

  • プロライダーという言葉によっていい自転車に見えてしまっているのかも?!

    言葉のマジックなんてあるよね。偉い人がA=Bだと言うのと小学生がA=Bと言うのでは説得力が違う
    プロライダーがこの自転車いいよと言うのと、初心者が同じことを言うのでは説得力が違うよね
    でも、説得力があるのと同時にいい自転車乗っているから、いいものをいいと言っているだけなんだよね


  • じゃ、僕にとってなぜMacneilがいいのか?

  • Macneilへの愛情がある

    15年前からスーパーライダーのJay Mironが立ち上げたMacneilを愛している
    僕の憧れのJay Mironと僕は12年前に友達になり
    そんな彼から直接Macneilに乗ってくれと頼まれ
    その後MacneilをZENで取り扱うようになり、僕のMacneilへの想いは大きい
    ブランドロイヤリティーが高いから、同じフレームなら僕はMacneilをひいきしてしまう

  • 本国Macneilとの繋がり

    Macneilのパーツに関して僕はカナダ本社からもらっている
    ZENが僕のパーツを負担しなくてもいいんだ。
    そこが日本の代理店のサポートライダーと本国サポートライダーの違いの1つだね
    だから、好きなパーツをいつもお願いできる

  • Macneilが僕を広告、Web、カタログに出している

     Macneilはワールドチームを大切にしている、以前S&MのチームだったがS&Mではアメリカ以外のライダーをWeb,広告に出さなかった。ブランドのポリシーもあるからしょうがないんだけどね。
    でも、Macneilは僕はWeb、広告、ビデオ、カタログへと出してくれている。
    これはとても嬉しいよね

  • なので、僕の自転車はいいし、僕はMacneilが好きだから

    僕に自転車何がいいの?って聞くのはあまりいい質問ではないかも

    だってMacneilがいいよって、言っちゃうもん。

    でも自転車はいいから参考にするのはいいと思うよん