スティーブ・ジョブズのスピーチに感動(スタンフォード大学卒業式にて)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイミクの三ツ松新さんが自分のBLOGにてスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)の

スピーチの訳と映像を公開している。

僕は感動したよ

ちなみに動画はこれ

スピーチの日本語訳はここを見てね

彼のスピーチでは下の3つを話しているな。

  • 1.点のつながり(connecting dots)について

    過去に起こったこと、学んだこと、経験したことは現在、未来のことにつながる
    これは僕は同様にとても賛成。人は無駄なことを一切経験しないと僕も実感しているよ
    スティーブ・ジョブズも同様に思うのなら、多くの人も思っているんだろうね

  • 2.愛と喪失(love and loss)について

    これはいい話だね、スティーブ・ジョブズはすごいプラス思考だと思った
    また、すごい逆境を経験し、乗り越えてきたことも分かる
    そんな彼を支えたのは好きという気持ち家族だったのかと予想する
    僕はどこまでできるだろう?あなたはどう?

  • 3.死(death)について

    いいですね。
    僕は一日終わるときに
    ”明日がある保障はない!今日はいい日だったよな”
    Thanks for a wonderful I lived the most of it.
    If I can have another new day I will live the most of it.

    と思えるように生きようとしている。
    朝が来たら”今日も新しい日をありがとう!さあ精一杯生きよう”
    I have a new day. I want to live the most of it.

    と思うようにしている



  • さらにスピーチの中でのメッセージにはこんなのがある

    自分が偉大だと信じれることをやれ、 愛してると思うこと、人を探せ。 見つけたときにそれは自然とわかる。 探し続けろ、妥協はするな。

    心に残るね、このメッセージ

    自分は今愛していることしているのか?

    今の自分の仕事を僕はかなり楽しんでいる、もっとできるようになりたいとも思うな

    あなたはどう?愛していること、人は見つかった?

    愛している人を僕は探そうっと.....


     
    「ハングリーであれ、愚かであれ 」(stay hungry stay foolish)

    貪欲であり、素直であれ ということなのだろうと僕は解釈する

    貪欲であればさまざまなことを吸収しようとする

    素直であれば事実をそのまま受け入れられる器ができる

    ハングリーで愚かでであれば賢くなりそうですね


    このように言葉で人に感動を与えられるってすばらしいね

    どうしたら、こんな風に人に感動を与えられるんだろうね?

    愛していること・人がいるからだろうね