まずやる(Just do it!) 【BMXがうまくなる練習時の気持ちと言葉 #4】

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:  
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい技を練習し始めるときは、つべこべ言わずにやってみるといいときが多い。

技は頭で覚えるものではなく、体で覚えるものだからね。

しかし、新しい技に挑戦するときは恐怖がついてくる。

だから、その恐怖をどう、自分の心から取り払い、

迷いをなくすかが成功するためへの最大の課題だったりもする。

かと言って、「畜生!!やったるで!」と言ってむやみに新しい技にチャレンジすると、

怪我をしやすくなるので、それをやる前にちょっと考えよう。

できるなら、リスクを最小限にして練習したい、それが賢い方法だ。

例えば、レベル5の技をやりたい。

そして自分のできるレベルが2のときは、レベル5の技を分解してみるんだ。

自分で段階を作って技を練習する、  

これとても大事。

例えばテールウイップをジャンプでやりたいとする

いきなりいいスピードでジャンプしてテールウイップに挑戦してはテールテールウイップができるどころじゃなく怪我をしてしまう

ちなみにテールウイップの練習方法は以前、ここで書いてます。


なので、このページで書いたように練習段階を作って練習をすると

怪我をするリスクを少なくしながら、技を習得することができる。


段階を作って一歩づつ階段を上ろう
いきなり5段上の階段に行こうとすると
滑ったときのダメージが大きいから
一歩ずつ上っていこう