Eat shit, Deep shit - 英語講座 - 1998年3月にDig-it'zineに掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Eat shit:
意味: こける、技で失敗する

Deep shit:
かなり酔っていること
例: I'm in deep shit.
俺はかなり酔ってる(らりってる)

Pull:
技を決めたときに使う動詞、日本では”Make”したというがアメリカでは
”pull”を使う。
例: He pulled a huge 360.
あいつは ビックな360を決めた。

例文:
SG: How was street ridin' last night?
Kaz: I ate a lot of shit at the hand rail.
I jumped many gaps and stuff.
It was cool.
SG: Did you attempt the huge gap beside the station?
Kaz: Yeah I did. I was scary ,but I pulled it.
After that I was kindda stoked, so we went to Kenji's house and
grab a couple of mugs. I was in deep shit.
SG: I wish I could be there, and tape you.
I would be cool. Hey I'm planing to join the next Road Fools
in May.


SG: 昨夜のリアル ストリートはどうだった?
Kaz: ハンドレールでたくさんこけたよ。
あとギャップをいっぱい飛んだよ
面白かったよ
SG: 駅の横のでっかい 段差は飛んだ?
Kaz: やったよ、恐かったけど成功したよ。
その後、俺は興奮したんだ、そんで けんじの家に行って
ビールを2、3杯飲んで、べろんべろんになったね
SG: 俺も行って ビデオ撮りたかったな。
楽しかっただろうな。あと俺5月にやる Road Foolsに参加しようと
思っているんだ
人物紹介:
上で登場する人物は実在しません。
”Kaz”は最近Kenjiというビデオを購入してくれるスポンサーがついて 自分の財布を
傷めることなく、新しいビデオを見まくっている。今はランプ ライディングから
リアル ストリップに夢中で仕事帰りに浅草のロック座に立ち寄る日々が続いているらしい。
”SG”はJuicy Visionの社長と仲が良い彼はビデオ撮影に夢中である、レストランに行っては
ウエイトレスを激写! バイセクシュアル クラブの人気モデルのルビーよりもエッチが画像を
撮ろうと日々努力を積んでいる。Kazとも仲が良くLAでゲイ バーに行ったこともある。

何か質問、希望などあったらShoe-Gまで連絡をくれ。